フランス料理

フランス料理のメニューの名前!前菜からデザートまで総まとめご紹介

フレンチを食べに行くと、メニューを選ぶのにいろいろ気を遣いますね。 カフェでならアラカルト(単品)で1品だけ頼めますが、レストランではメニューの中から、メイン料理の魚や肉を選んでいきます。 アペリティフ(食前酒)も飲んで、それから前菜、メイン、…

パテドカンパーニュのアレンジはソースが決め手!フルーツの色は?

〚パテドカンパーニュ〛のアレンジ、パッと見で勝負なら、フルーツのクーリソースのアレンジがやっぱりきれい! トマトや、クル二ションの組み合わせで、クーリソースの色が映えるアレンジがです。 フォアグラのスライスになら、イチジクかパイナップルをア…

フレンチの代表的スープ!グラティネ~ヴルーテが美味しい10選ご紹介

フランス料理の前菜で「なににしようかな?」とおもうのなら、スープがオススメ。 スープは体を温める目的で、野菜も沢山入っていて、それにお皿一杯に食べるような、ある意味「メイン料理」にちかいものでした。 しかし、今はおしゃれで、盛り付けが綺麗で…

フランス料理のサラダの名前10選!冬も夏にも食べるサラダにはどんなものが?

フランス料理のサラダには実に沢山種類があり、それぞれ盛り付けがとても綺麗です。 夏から春まで、それぞれの季節の食材をを使って、その時だけのものも食べられますね。 夏のサラダには、季節野菜を使うことでハウスものとは違って色どりも綺麗でにできま…

食前酒(アペリティフ)の意味と種類!あなたが選びたいのは?

アペリティフの虜になりやすいですね。 クリスマスの時のホームパーティーに限らず、友達が来た時でも、やっと自分の時間ができたと「自分へのご褒美」の時間でも、「食前酒はどれにする?」と簡単に飲んで気分を良くできます。 大体まずは食前酒ってなんで…

リエットの食べ方の大特集!簡単アレンジで色々な組み合わせご紹介

リエットの発祥地はフランスの〚ル・マン〛という町です。 日本ではあの耐久レースで有名なル・マンは、フランスの北西のブルターニュ地方にあります。 ブルターニュ地方はガレット(そば粉を使ったクレープ)でも有名ですが、カキでも有名な漁港があります…

ガルニチュール【付け合わせ】の種類と名前!フリット~グラッセまで総まとめ

フランス料理のメニューで「ガルニチュール」とよく目にします。 ガルニチュールはフランス語の「ガルニール(=備え付ける)」から来ている言葉で、「付け合わせ」のこと。 いろんな種類のガルニチュールがあります。 レストランでは色鮮やかなガルニチュー…

テリーヌとパテの違いとは?語源から材料まで詳しく調べてみた

フレンチでよく目にするテリーヌとパテがありますが、ぱっとみると外見は似ています。 外見では違いが分かり難いですし、実際に食べてみても「どこが違うの?」と思うことがあります。 フランスではパテは日常的な食べ物で、よく食べているものですが、改め…

ファルシーとはどんな料理?トマト以外の美味しいファルシー食べ方

ファルシーとかファルスという言い方よく聞きますよね。 見た目は野菜などの中にミンチの詰めものをしてある料理です。 ジューシーな感じで、色とりどりの素材で食欲をそそられます。 大体は野菜をメインにした料理ですが、他にも使う素材によって、バリエー…

なすの栄養がすごい?効能もいいけどアレンジもかんた~んです

ナスといえば漬物にも良く使われる野菜です。 全体に黒目の色ですが、料理次第で紫に早変わりする、とても珍しい食材です。 それに、1富士、2鷹、3ナスとも言われていますが、ナスは縁起ものとしても生活の中に残っていますね。 とはいえ、ナスはほとんどが…

かぼちゃの栄養と効能とは?皮もすてずに食べたら美肌になる?

ほかほかのかぼちゃ、かなり好きです。 美味しくてついつい食べたいと思うますが、皮が固くて調理が面倒ってあります。 かぼちゃは水分がほとんどで、食べた割には栄養がないのかなとも思ったりまします。 そんなかぼちゃは、緑黄色野菜で、色が濃い野菜は、…

ベトラブ(赤ビーツ)の食べ方!前菜でもデザートでも効能満点!

ボルシチに入っている野菜で有名なビーツですが、フランスで「べトラブ」と言われています。 色が赤のビーツは食卓を華やかなにする、人気の食材です。 何せ綺麗な赤色なので、テーブルをパッと引き立たせる一品になってくれます。 それに、実は栄養的にも優…

カスレとはどんな料理?フランス南西ならではの特徴あり?

「カスレ」という白の金時豆を使った、フランス南西のトゥールーズという都市の有名な豆料理があります。 豆料理というと、日本では「あんみつ」、「金時豆」など、砂糖で煮込んだデザートをイメージします。 フランスでは、豆は砂糖で味付けをすることはな…

フォアグラに合うフルーツは何?相性も良く食欲がわくフルーツ5つご紹介

フォアグラには大きく二つのタイプがあります。 一つが調理済みの「フォアグラのテリーヌ」と、生を焼いて作る「フォアグラのエスカロップ」です。 テリーヌは既に焼いてありますのであとは切るだけで、ポワレは生のフォアグラを焼きます。 どちらもとても美…

フランス料理の野菜・キノコの名前!アレンジと食べ方ご紹介

フランス料理の野菜には随分珍しいものがあります。 日本とは違い、火山も少ないフランスの土壌は、ミネラルの含有率も高く、いわゆる硬質水。 同じ野菜でも食感や味が違っていて、濃い味の野菜があり、形が随分違っているなと思ってます。 また、キノコの種…

フランス料理のピューレはムスリンとどう違う?食感の違いでアレンジ

フランス料理と言えば、ジャガイモのピューレがガルニチュール(付け合わせ)でも多いです。 しかし、フランス人はジャガイモが大好きで、ガルニチュールにはよく使われます。 ピューレはふわふわで、食べやすいです。 ふっくら感から言えば、ジャガイモ以外…

コンフィにする野菜には何が?盛り付けが綺麗な果物まとめてご紹介

コンフィというと、鴨のコンフィがとりわけ有名。 しかし、コンフィには鴨以外でも野菜や果物のコンフィも作られています。 コンフィは基本的に保存食なので、甘~くして砂糖漬けも多いですが、オリーブオイル漬けにしたものもあります。 果物のコンフィなら…

シェーブルチーズ(山羊チーズ)の種類と美味しい食べ方!かる~い食感

フランスチーズの種類は1000以上もあると言われ、数が多いで~す。 とはいえ、種類で言えば牛乳で作ったチーズがほとんどで、羊やヤギ(山羊)のチーズは数も種類も少ないです。 ヤギや羊は牛に比べて体が小さいですので、とれる乳量も少ないからです。 ところ…

なすのレシピで洋風にアレンジ?オーベルジーヌのキャビアが美味しい

なすといえば和食なら漬物にも、味噌田楽にも良く使われる野菜です。 フランスではといえば、モッツアレラチーズと合わせて、バルサミコソースで食べるというのもあります。 トマト煮でも美味しいです。 そのくらいなすは使い勝手がいい野菜です。煮込むと馴…

卵の前菜はフレンチでどんなのがある?中はとろ~り10選ご紹介

卵料理はフランス料理でもよく登場します。 あの、プリプリ・ふわふわした感じは、他の素材ではできないからなのでしょう。 卵を潰すと黄身がとろーりとでてくるのは、食べるときのイベントです。 ふわふわとした、ムースももちろんありますが、黄身とのコン…

ステーキ・ソースの種類!フレンチでよくみるソースのオススメ10選

フレンチのソースといえば、赤ワインソースの名前が知られていますが、レストランでは一般的ではありません。 レストランのメインディッシュには、日本と違いフランスでは肉系が7割、魚が3割です。 ステーキのソースはメインディッシュの肉の質、食感と香り…

バジルソースの使い方!ペストソースの濃淡を生かしてアレンジ!

バジルソースは、ハーブのバジルを使ったソースです。 バジルはとりわけ色が鮮やかで、オリーブオイルと合わせて作ると綺麗なソースに変身します。 ソースはバジルを潰してつくりますが、ペストソースという、立体感をつけることでペストソースをつくります…

フレンチの前菜の定番の名前!基本の素材で飾り付けをどこまで変えられる?

フレンチ料理といえば、前菜に力を入れているレストランが多いです。 メインに入る前のビジュアルで、盛り付けのアレンジが効くのが前菜です。 色の使い方がもっと自由で、オリジナリティを出せたり、野菜のふんわり感を出せ、飾り付けをきれいにできます。 …

フランスパテの市販おすすめ種類!フランスパンでもカナぺでもOK!

パテの食べ方は、サンドイッチにしたり、カナぺにのせたり、そのまま食べたりと、アレンジも綺麗にできます。 フランスではオーソドックスに、厚さ2cmくらいに切ったパテをお皿に載せてアントレ(前菜)として食べるのが一般的です。 パリでパテはデパート…

パテドカンパーニュの美味しい食べ方!種類もまとめてご紹介します!

お隣さんからお土産に〚パテドカンパーニュ〛を頂いたけど、どんな風に食べればいいのかと悩んだことはないでしょうか? パテドカンパーニュは、パンに直接乗せるタルティーヌ(塗る)、またはサンドイッチにして食べるのが一般的です。 ピクニックなどには…

フランスの郷土料理!各地方の食べ物やお菓子と飲み物をご紹介

現在フランスから日本にも様々な食べ物が輸入されています。しかし、フランスでは有名なのに、日本では紹介されていない食べ物や飲み物もあります。 フランスは日本の約1,5倍の広さで、イギリスのすぐ隣にあるフランス北部と、地中海に面するフランスの南部…

アリゴチーズってどんなの?チーズの種類と食べ方ご紹介します

アリゴチーズという名前は聞いたことがありますでしょうか。ガルニチュール(付け合わせ)に良くでてくる、マッシュポテトみたいなものです。 チーズというだけあり、チーズの味がしますが、チーズの名前ではありません。 アリゴチーズはガルニチュールとして…

ブーダンノワールのソーセージの食べ方!付け合わせは何がいいか?

ブーダンノワールのソーセージと言えば、「ちょっと。。。」と腰をひいてしまうそうな色目で、どんな材料できているのかと不思議に思いますね。 フランス語でノワールは黒という意味です。 ですので、黒ブーダンのソーセージという意味になりますが、ブーダ…

フランス料理のオムレットとオムレツの違いは?中には何が入っている?

日本のオムライスにはご飯が入っていて、ふっくらとした卵と中のケチャップのご飯の組み合わせ、美味しいですね(^^♪ その他に、オムレツもあります。 オムレツはお馴染みで、どちらかというと、ご飯というよりもおかずで食べます。 ところがフランスでは、こ…

ポトフのフランス語の意味は?具材と食べ方はどうすると美味しい?

ポトフは、フランス語で鍋料理です。 ただ鍋料理と言っても、日本の鍋のようにぐつぐつ鍋でテーブルで煮るものではなく、出来上がったら、テーブルで鍋ごと出すか、お皿に盛り付けて出されます。 その辺は同じ冬料理でもラクレットとは違います。 煮込み料理…