スポンサーリンク

フランス料理

ガルニチュール【付け合わせ】の種類と名前!フリット~グラッセまで総まとめ

フランス料理のメニューで「ガルニチュール」とよく目にします。 ガルニチュールはフランス語の「ガルニール(=備え付ける)」から来ている言葉で、「付け合わせ」のこと。 いろんな種類のガルニチュールがあります。 レストランでは色鮮やかなガルニチュー…

なすの栄養がすごい?効能もいいけどアレンジもかんた~んです

ナスといえば漬物にも良く使われる野菜です。 全体に黒目の色ですが、料理次第で紫に早変わりする、とても珍しい食材です。 それに、1富士、2鷹、3ナスとも言われていますが、ナスは縁起ものとしても生活の中に残っていますね。 とはいえ、ナスはほとんどが…

カスレとはどんな料理?フランス南西ならではの特徴あり?

「カスレ」という白の金時豆を使った、フランス南西のトゥールーズという都市の有名な豆料理があります。 豆料理というと、日本では「あんみつ」、「金時豆」など、砂糖で煮込んだデザートをイメージします。 フランスでは、豆は砂糖で味付けをすることはな…

フランス料理の野菜・キノコの名前!アレンジと食べ方ご紹介

フランス料理の野菜には随分珍しいものがあります。 日本とは違い、火山も少ないフランスの土壌は、ミネラルの含有率も高く、いわゆる硬質水。 同じ野菜でも食感や味が違っていて、濃い味の野菜があり、形が随分違っているなと思ってます。 また、キノコの種…

コンフィにする野菜には何が?盛り付けるが綺麗な果物もまとめてご紹介

コンフィというと、鴨のコンフィがとりわけ有名。 しかし、コンフィには鴨以外でも野菜や果物のコンフィも作られています。 コンフィは基本的に保存食なので、甘~くして砂糖漬けも多いですが、オリーブオイル漬けにしたものもあります。 果物のコンフィなら…

卵の前菜はフレンチでどんなのがある?中はとろ~り10選ご紹介

卵料理はフランス料理でもよく登場します。 あの、プリプリ・ふわふわした感じは、他の素材ではできないからなのでしょう。 卵を潰すと黄身がとろーりとでてくるのは、食べるときのイベントです。 ふわふわとした、ムースももちろんありますが、黄身とのコン…

バジルソースの使い方!ペストソースの濃淡を生かしてアレンジ!

バジルソースは、ハーブのバジルを使ったソースです。 バジルはとりわけ色が鮮やかで、オリーブオイルと合わせて作ると綺麗なソースに変身します。 ソースはバジルを潰してつくりますが、ペストソースという、立体感をつけることでペストソースをつくります…

フレンチの前菜の定番の名前!基本の素材で飾り付けをどこまで変えられる?

フレンチ料理といえば、前菜に力を入れているレストランが多いです。 メインに入る前のビジュアルで、盛り付けのアレンジが効くのが前菜です。 色の使い方がもっと自由で、オリジナリティを出せたり、野菜のふんわり感を出せ、飾り付けをきれいにできます。 …

フランスの郷土料理!各地方の食べ物やお菓子と飲み物をご紹介

現在フランスから日本にも様々な食べ物が輸入されています。しかし、フランスでは有名なのに、日本では紹介されていない食べ物や飲み物もあります。 フランスは日本の約1,5倍の広さで、イギリスのすぐ隣にあるフランス北部と、地中海に面するフランスの南部…

アリゴチーズってどんなの?チーズの種類と食べ方ご紹介します

アリゴチーズという名前は聞いたことがありますでしょうか。ガルニチュール(付け合わせ)に良くでてくる、マッシュポテトみたいなものです。 チーズというだけあり、チーズの味がしますが、チーズの名前ではありません。 アリゴチーズはガルニチュールとして…

ブーダンノワールのソーセージの食べ方!付け合わせは何がいいか?

ブーダンノワールのソーセージと言えば、「ちょっと。。。」と腰をひいてしまうそうな色目で、どんな材料できているのかと不思議に思いますね。 フランス語でノワールは黒という意味です。 ですので、黒ブーダンのソーセージという意味になりますが、ブーダ…

フランス料理のオムレットとオムレツの違いは?中には何が入っている?

日本のオムライスにはご飯が入っていて、ふっくらとした卵と中のケチャップのご飯の組み合わせ、美味しいですね(^^♪ その他に、オムレツもあります。 オムレツはお馴染みで、どちらかというと、ご飯というよりもおかずで食べます。 ところがフランスでは、こ…

ポトフのフランス語の意味は?具材と食べ方はどうすると美味しい?

ポトフは、フランス語で鍋料理です。 ただ鍋料理と言っても、日本の鍋のようにぐつぐつ鍋でテーブルで煮るものではなく、出来上がったら、テーブルで鍋ごと出すか、お皿に盛り付けて出されます。 その辺は同じ冬料理でもラクレットとは違います。 煮込み料理…

トリュフ料理のレシピ!生からオリーブオイル漬けまで詳しくご紹介

トリュフの生は食材として新鮮なものを入手するのは手間がかかります。 そして、買ったトリュフの値段が高かった割には、あまりおいしくないというときもあります。 結局生でも新鮮でないと味も香りも劣化してしまうってことなのですね。。。でも本当はちゃ…

キッシュ具材のおすすめ!フランスのキッシュはサレ?

キッシュといえば家庭料理の典型で、キッシュ・ロレーヌの名前は特に有名です。 フランスではお昼時間にサンドイッチを食べながら移動している人を見かけるくらい、サンドイッチは手軽なものとしてよく食べられいます。 しかし、キッシュは実はサンドイッチ…

クロックムッシューとマダムの違いとは?変わり種もまとめてご紹介

フランスのカフェでよく出てくるものの代表といえば「クロックムッシュー」ではないでしょか。 そのくらいこのクロックムッシューは定番のメニューで、カフェでも人気の料理です。 その他にクロックムマダムというのもあります。 ムッシューが男性でマダムは…

マシュポテトグラタンはフランス語でアシ・パルモンティエール!

マッシュポテトは、フランス語でジャガイモのピューレです。 ジャガイモにも随分と種類がありますので、良いジャガイモで作ったマッシュポテトは、食感も良く、ジューシーだなと思うのでないでしょうか。 マッシュポテトは、肉の横に置く、付け合わせ(ガルニ…

トリュフオリーブオイルの美味しい食べ方!数滴で味が早変わりする料理方

世界3大珍味のトリュフはやはり凄い! どう凄いのかは、香りが強いという言い方もありますが、臭いが凄いとも言えます。 凄い臭いのトリュフは、良い新鮮なトリュフだからです。何日も経って、良い品種でないと香りはしません。 新鮮なトリュフは朝市に行っ…

フレンチの基本のソース10種類ご紹介!オランデーズソース他

バターを使ったフランス料理のソースには種類もなんと多い事! フランスで一番使われているソースは「オランデーズソース」です。「オランダのソース」という意味です。 フランス料理なのにオランダという名前がついています。このソースに生クリームを加え…