パテの缶詰の食べ方!色々な種類とアレンジご紹介します!

スポンサーリンク

お隣さんからお土産に〚パテ〛を頂いたけど、どんな風に食べればいいのかと悩んだことはないでしょうか?

パテは、パンに直接乗せるタルティーヌ(塗る)、またはサンドイッチにして食べるのが一般的です。

ピクニックなどには、サンドイッチはお役立ち度が高いですね(^^♪

しかし、単純にパンと一緒そのまま食べるのは勿体ないですし、パテの種類によっては、付け合わせのガルニチュールがないと、食べにくいものがあります。

見栄えで、アレンジを工夫するというのもありますが、やはり味の面でプラスするのものが重要です。

では「パテ・ドゥ・カンパーニュ」も含めて、ナイスな食べ方をみてみましょう♪

パテの缶詰の食べ方

まずお薦めしたいのが「シュテネイ」との組み合わせです。

シュテネイって何?

シュテネイはフランス発祥ではなく、イギリス経由のインド発祥品です。イギリスの植民地時代のインドの文化遺産で、野菜や果物を

  • ワイン酢とバルサミコ酢
  • 砂糖
  • ワイン

などで、煮込んだ野菜や果物の砂糖や酢の煮物なのです。

f:id:meringuefine:20200209193559j:plain:w300

玉ねぎのシュテネイを作ったらお皿に盛りつけるきに、一緒に乗せます。トマトなどと一緒にすると綺麗です。

f:id:meringuefine:20200209193535j:plain:w300

シュテネイを作る材料は、玉ねぎがメジャーですが、その他にマンゴーなどの果物もあります(^^♪

ジャムとも似ているのですが、ジャムには〚酢〛が入っていない点が違うところです。

こちらはパテと、玉ねぎとマンゴーのシュテネイでアレンジしてみました。

f:id:meringuefine:20200209193551j:plain:w300

具材の果物は、マンゴーがお薦めです(^^♪熟しているマンゴーならすぐに柔らかくなって作りやすいです。

『シュテネイ』と言われると、それだけではどんなものか思い出せないのですが、実は案外食べている可能性があります。フォアグラの付け合わせに、よく使われています。

右下のオレンジのものがシュテネイです。

f:id:meringuefine:20200209023326j:plain:w300

管理人がつくったシュテネイより、柔らかく出来上がっています。玉ねぎを、ワイン酢、砂糖、バルサミコ酢で約1時間くらい煮込めば出来上がりです。

その他にはオーソドックスにタルティーヌです。

タルティ―ヌって何?

タルティーヌは、フランスパンにバターやジャムを塗ることの、「塗る」という意味ですが、このような形になっている「タルティ―ヌ」というのがあります。

パンにパテのよこに、タルティ―ヌを乗せたものを一緒にしてお皿を飾るのもお薦めです。

タルティーヌの材料は、野菜や魚です。このようなペーストのもので、瓶に〚TARTINE タルティ―ヌ〛と書いてあります。

f:id:meringuefine:20200209193755j:plain:w300

タルティ―ヌの種類には、

  • キノコ
  • 人参
  • トマト
  • サバ
  • マンゴ

などあります。 これらの〚タルティ―ヌ〛はパンだけではなく、クラッカーにも乗せて食べるのが美味しいです(^^♪

f:id:meringuefine:20200209193543j:plain:w300

クラッカーのサクサクとした食感がお薦めです。

値段では、パテよりは、このようなタルティーヌの方が安いですので、あまりお金をかけたくない、つまみ感覚で食べたいときは、お薦めです(^^♪

スポンサーリンク

タルティ―ヌの別バージョン

先ほどの〚タルティ―ヌ〛は瓶詰めのものですが、パンにいろいろな野菜やハムを載せたものものをタルティ―ヌと言っています。

フランスで、タルティーヌというと、フランスパンにバターを塗ることを、タルティーヌすると言います。

しかし、イタリアではこのような、フランスパンの上にいろいろな具材を乗せているものを、タルティーヌと言っています。

下のタルティーヌはイタリアンのレストランのもので、トマトと玉ねぎをバルサミコソースで和えたものを乗せています。

f:id:meringuefine:20200209193628j:plain:w300

その他に、スモークサーモンなどもありますね。イタリア系の嗜好です(^^♪

イタリアとフランスはお隣同士ですが、微妙に言い方は違っています!

サンドイッチ

美味しい「パテ・ドゥ・カンパーニュ」なら、パンと合わせるとそれだけで美味しいです(^^♪

サンドイッチに挟むときは、コル二ションとサラダ菜を一緒に入れます。油みがあるとやはり、コル二ションと食べのが良いですね。すっきりします。

f:id:meringuefine:20200209193653j:plain:w300

 

スパゲッティ

または、スパゲッティもなかなかお薦めです。

f:id:meringuefine:20200209193659j:plain:w300

スパゲッティパーティーとかなら、時間がないときなど、ぱぱっとできて便利です。

飾り付けにミニトマトや、パセリなどもいいのですね(^^♪

パテが冷蔵庫に残っていれば、ぱっと作れてしまいますので、会社帰りお腹がすいた時などにいいなと思います。

カナぺ

組み合わせには、そのほかに、こんなカナぺもお薦めです。

パテを載せる台は、どら焼きを作るベースでお砂糖はいれないで、小さくして焼きます。その上にカットしてパテとミニトマトは半分にカットして乗せました。

f:id:meringuefine:20200209193711j:plain:w300

カナぺの台は、パンでもOKです。色の配色は考えて、具材は、

  • 生ハム、
  • 乾燥トマト、
  • サーモン

などです。余ったものを少しづつ小分けにして、タッパーにいれておくと、わざわざ買わなくて良いです。

パンの色で(ゴマ、ホウレンソウなど)上に乗せる具材とコーディネートします。

f:id:meringuefine:20200209193726j:plain:w300

まとめ

いかがでしたでしょうか?

パテの缶詰の食べ方いろいろご紹介しましたが、お好きな食べ方はありましたか?

パテの品物が良ければ、パンとパテだけでとても美味しいです。

また、友達を呼んでちょっと盛り付けを工夫したい時には、

  • シュテネイと一緒にしたり
  • タルティ―ヌにしたり
  • スパゲッティに添えたり

と、飾り付けにはずいぶんとバリエーションを出せます。

これだけありますので、フランスパンに挟んで食べる以外にもいろいろ試したら美味しかったです。

以上ご参考になることがあれば幸いです。

www.sakurakodesu.xyz