Sakurakoのグルメなダイエットブログ

アラフィフが美人になるフランス料理グルメ

カモ料理のアクソスはバスク料理?付け合せは何がいいの?

スポンサーリンク

バスク料理で、カモを使った料理で「アクソ・ドゥ・カナール」があります。

バスク地方というと、スペインとフランスのピレネー山脈周辺で、 「アクソ」と言っていますが、日本語ではアクソスとなっています。

カモ料理と言えば、フランス南西の「カモのコンフィ」や、「マグレドゥカナール」がとても有名ですが、このカモのアクソスも、バスク地方では定番料理の一つです。

これが定番になっているのは、郷土独特のピーマンの香辛料があります。

ピモン・デ・エスプレットと言います。この香辛料が甘くて、ピリ辛く、非常に独特な味を出しています。

アクソスの特徴は、肉野菜炒め料理でありながら、香りがフルーティーなこの香辛料で風味をだしていることです。

このアクソスはカモ他に、牛肉版もあります。

ではカモのアクソスを見てみましょう(^^♪

 

カモ料理〚アクソ・ドゥ・カナール〛

 

f:id:meringuefine:20200625212815j:plain:w300
アクソ・ドゥ・カナール(axoa de canard)

細かく切った野菜もカモ肉をオリーブオイルで炒めて、その自前の野菜と香辛料だけで味を出しています。

付け合せには、ライスやジャガイモが一般的です。

 

4人分の材料
* カモ肉 500 g
* ベーコン 100g(なしでもいい)
* 玉ネギ1つ
* 赤ピーマン3つ
* 緑ピーマン3つ
* ニンニク1片
* オリーブオイル、
* ロリエ1枚
* タイム少々
* 胡椒すこし、(塩はベーコンからでるので入れない)
* 白ワインコップ1杯
* エスプレットのピーマン香辛料、少々

カモ料理〚アクソ・ドゥ・カナール〛作り方

中火でナベで細切れにした野菜を、オリーブオイルで炒め、10分くらいして、細切れにしたカモを更にいれ、10分くらい炒め、香辛料を入れます。

f:id:meringuefine:20200625212820j:plain:w300
エスプレット・ピーマン

エスプレットのピーマン(日本の1味唐辛子の香りで、もっとフルーティーな香り)の粉末の乾燥タイプとロリエ、胡椒、白ワインを入れて、弱火で10分程度ナベに蓋をしてまちます。

そして出来上がりです。

作り方はシンプルで、決めては、エスプレットのピーマンで、これをいれるのといれないのでは、全く香りが違います。

f:id:meringuefine:20200625212805j:plain:w300
エスプレット・ピーマン

ピーマンの香辛料(レッドペッパー)には、カイエンがありますが、味がかなり、違い、カイエンは辛いですが、エスプレットは甘みがあります。

f:id:meringuefine:20200118192753j:plain:w300
カイエン・ピーマン

【楽天市場】には、エスプレットのペッパーはなく、カイエンペッパーのみあります。

GABAN カエンペッパーパウダー(缶) 200g×3個   【スパイス ハウス食品 香辛料 粉 業務用 カイエンペッパー 唐辛子 Cayenne pepper Red pepper】

バスク地方のお菓子

バスク地方のお菓子も一緒にご紹介します。

ガトー・バスクと言って、中にクレーム・パティシエールが入っているバスク地方の伝統菓子です。

f:id:meringuefine:20200428235837j:plain:w300
ガトー・バスク
f:id:meringuefine:20200428235844j:plain:w300
ガトー・バスク

まとめ

いかがでしょうか。

バスク地方アクソ・ドゥ・カナールをご紹介しました。

ぱっと見は、日本の豚のしょうがやきにも見えますが、味はというと、エスプレット・ピーマン(ピモン・デ・エスプレット)が入っているので、バスク味になります。

このピーマンの香辛料はバスク地方やプロバンス地方でとれます。

ですので、地中海のほうでは使われている素材です。

ある意味で、バスク地方は生ハムの生産も抜きんでていますので、このアクソスはベーコンも入っていてより深い味になっています。

ご賞味してみてください。

www.sakurakodesu.xyz

www.sakurakodesu.xyz