Sakurakoのグルメなダイエットブログ

アラフィフが美人になるフランス料理グルメ

フォアグラのポワレはソテーと違う?美味しいオススメのソース

スポンサーリンク

フォアグラのポワレは、フォアグラの生や冷凍したものをソテーして、そこにソースをアレンジすると、とっても美味しいです。

ポワレはフランス語でフライパンの意味です。

ですので、ソテーとも言えますが、フォアグラには何故かポワレが使われるのです。

良い生のフォアグラが手に入れば、ソースも簡単です。

そんなポワレ、ソースとまとめて見てみましょう(^^♪

 

フォアグラのポワレはどんなもの?

フォアグラのポワレは、ソテーしたフォアグラです。 フライパンでソテーをして、そこにソースをかけます。 これは、バルサミコソースでアレンジしました。

f:id:meringuefine:20200209023431j:plain:w300
フォアグラのポワレ

使うフォアグラは、生か冷凍を使います。

フォアグラのポワレは・生それとも冷凍?

フォアグラには、生と冷凍品の2つがあります。

フォアグラのポワレを生から作る

先ず、フォアグラには生タイプが売ってあります。

ポワレは、フランスでソテーするの意味で、フォアグラをポワレするとも言えます。

ポワレする生のフォアグラを購入してカットします。

楽天で売っています。2つご紹介します。


もう一つが、


フォアグラの生をスライスをします。

フォアグラのポワレを冷凍品から作る

フォアグラの冷凍品は解凍して使います。 スライスされ冷凍されてるフォアグラです。

f:id:meringuefine:20200209023352j:plain:w300

解凍して使います。

では、調理を見てみましょう。

フォアグラの・生と冷凍のポワレの仕方

フォアグラの生と冷凍、それぞれポワレの仕方です。

フォアグラをソテーするのは、フライパンでです。

生フォアグラをスライスする

生のフォアグラを、ポワレをするために、スライスしていきます。

フォアグラの生は、大体500gですので、ブロックをスライスしていきます。

10等分で、50グラムを2つ食べるイメージです。

スライスをしたらラップにして、食べない部分は冷凍室で保存します。

f:id:meringuefine:20200209023522j:plain:w300

左の大きな部分と、右の小さな部分がくっついています。

 

f:id:meringuefine:20200209023449j:plain:w300

包丁をお湯で温めて布巾でふいて、フォアグラを斜めにスライスし、

f:id:meringuefine:20200209023454j:plain:w300

ラップで残りを冷凍保存します。

レシピを見ていきましょう(^^♪

フォアグラのポワレのレシピ①イチジク

イチジクとバルサミコソースの作り方と焼き方です。

【フォアグラのポワレ・バルサミコソースのレシピ(2人分)】

  • フォアグラスライス4枚
  • カットしたイチジク3個分
  • 塩(できれば岩塩)少々
  • コショウ少々
  • 砂糖 小さなスプーン2杯
  • 角パン(8枚スライス)2枚
  • 赤ワイン 20㏄
  • トリュフソースのジュ(液)小さなスプーン3杯(トリュフ岩塩も可)
  • バルサミコソース 大きなスプーン2杯

注意➡フォアグラを焼いてから、5分以内にソースを作るようにします。

冷凍スライスの場合は、取り出したスライスをお皿の上に5分置いておくと、かなり柔らかくなります。

フライパンを熱し(強火で約2分)、スライスしたフォアグラをフライパンに置きます。

油を敷きません。フォアグラから油がでます。

f:id:meringuefine:20200209023416j:plain:w300

フォアグラをフライパンに置いてからは、中火にします。油が出てくるまでは、動かさないようにします。そうでないと崩れます。

f:id:meringuefine:20200209023421j:plain:w300

岩塩とコショウをを少々かけます。(塩コショウは、片面で十分です)

ひっくり返してから、反対側の面は、1分で十分です。

f:id:meringuefine:20200209023403j:plain:w300

用意しておいた耳をとった角パン(角パンはソテーしても良いです)を温めておいたお皿の上に置いておき、焼いたフォアグラを乗せます。

f:id:meringuefine:20200209023426j:plain:w300

フォアグラを取り出したフライパンに、砂糖(少スプーン2杯)を入れ、中火で混ぜます。

お砂糖が溶けたら、カットしておいたイチジクを入れます。

イチジクが柔らかく焼けたら、そこに、赤ワイン、トリュフソースのジュとバルサミコソースをイチジクの上にかけ、かるく混ぜます。

熟しているイチジクだと2分くらいで焼けます。

焦げるようなら、弱火に落として、固めのイチジクなら4分くらいが良いです。

盛り付けは、フォアグラの周りに、イチジクを表、裏の交互において、イチジクを焼いたソースを周りにかけます。ソースはこぼさないように、注意しながらかけます。

f:id:meringuefine:20200209023431j:plain:w300

出来上がりです。 トリュフソースはトリュフのジュ(ジュースの意味)と言います。

f:id:meringuefine:20200118034716j:plain:w300
楽天からでているのは2社あります。

【楽天から出ているペベール社のジュ↓】


【楽天から出ているギィーマゼ社のジュ↓】


フォアグラのポワレのレシピ①リンゴ

次はリンゴ添えのレシピです。リンゴは手に入りやすいのと、食べやすいのがあります。 【フォアグラのポワレ・リンゴソテーのレシピ(1人分)】

  • フォアグラの冷蔵スライス2枚
  • カットしたリンゴ1個
  • クロサクランボ 10個 (なしでも良いです)
  • バター20グラム
  • 塩(できれば岩塩)少々
  • コショウ少々
  • 砂糖 小さなスプーン2杯
  • 赤ワイン 20㏄
  • トリュフソースのジュ(液)小さなスプーン3杯(なしでも良いです)
  • 白バルサミコソース 大きなスプーン2杯

以上が材料です。

鍋にバターを20グラムを入れ、中火にしバターが溶けたら、カットしたリンゴと砂糖を入れ、馴染んで来たら、弱火にして炒めます。

f:id:meringuefine:20200209023459j:plain:w300

しっとりしてキャラメル色になるまで弱火で炒めます。

f:id:meringuefine:20200209023514j:plain:w300

温めた皿の上に、金型の丸の輪に中に、リンゴを詰めます。

フライパンを強火で熱して、フォアグラをおき、塩コショウをします。冷蔵庫に入れていたフォアグラですので、中火で片面1分~2分(大きさによります)です。

f:id:meringuefine:20200209023508j:plain:w300

片面がしっかり焼けたので、もう片面は1分で十分です。

イチジク添えは角パンにしましたが、こちらはリンゴを敷いていますので、焼けたフォアグラをリンゴの台の上におきます。

リンゴの台に乗せる時に、フォアグラが大きすぎると、リンゴの台を変形して形に合わせると良いです。

f:id:meringuefine:20200209023518j:plain:w300

リンゴを取り出した鍋の中に、黒サクランボ(なしでも良いです)を入れて、ワイン、トリュフソースのジュと白バルサミコソースを煮詰めます。

f:id:meringuefine:20200209023344j:plain:w300

大体4分くらいで、ソースができれば黒サクランボとソースを盛り付けます。

こちらのソースは、バルサミコソースが白です。

ホワイトのバルサミコソース

ホワイトバルサミコソースの味はマイルドです。


赤ワインが入っていますが、バルサミコソースが白で、ソースの色が濃くなりません。しかし、味は黒バルサミコソースに似ています。

またこのソースには、フォアグラをソテーした油を少し入れています。バルサミコソースが白ですので、フォアグラの油でバランスの良い濃さがでます。

ソースが軽めの方が良い場合は、フォアグラの油はなしでも良いです(^^♪

【フォアグラの生の冷蔵品と冷凍品】 イチジクには、フォアグラの冷凍品を、リンゴにはフォアグラの冷蔵品でつくり、比べましたが、解凍をするとどちらも上手く焼けます。 また、フォアグラの中に血(血管)が見えますが、これは冷凍品にも、冷蔵品にもあるのが普通です。

ふんわりしているポワレの出来上がりです😊

【楽天で売っているフォアグラのスライスしたエスカロ―プは↓こちらです。】


フォアグラの食べ方のまとめ

フォアグラのポワレは、フォアグラの生と冷凍どちらでも、作るのは簡単で、ふわふわ~感があり、口の中でとろけます。 たまらなく美味しいです。

注意点は、材料を用意しておいて、さっと焼いて、手早く盛り付けることです。

付け合わせの果物にはイチジクが合いますし、トリュフとの相性も抜群です。 家で簡単にできますので、冬には時に楽しみたいですね。

www.sakurakodesu.xyz

www.sakurakodesu.xyz