Sakurakoのグルメなダイエットブログ

アラフィフが美人になるフランス料理グルメ

マシュポテトグラタンはフランス語でアシ・パルモンティエール!

スポンサーリンク

マッシュポテトは、グラタンにすると、マッシュポテトグラタンです。

これをフランス語では、アシ・パルモンティエールと言います。

アシ・パルモンティエールに入れるひき肉は、鴨、牛と、それぞれありもので作れます。

では、早速マッシュポテトグラタンの焼きの作り方をみてみましょう。

マッシュポテトグラタンとはどんなの?

 

アシ・パルモンティエールの鴨肉と、牛肉の二つをご紹介します。

でき上がりは、このように肉の上にマッシュポテトを載せてグラタンになっています。

 

f:id:meringuefine:20200118162022j:plain:w300

このアシ・パルモンティエールの肉は、鴨肉です。

鴨肉だと、鶏肉のように、肉が縦にきれるようになっています。

 

こちらは、牛肉のアシ・パルモンティエールで、ミンチタイプです。

お昼の定食が安いカフェででたものです。肉の量より、ガガイモに量が圧倒的に多いです。

牛肉が鴨肉より美味しくないというよりも、ジャガイモの割合いが多すぎても、ジューシーになりません。

f:id:meringuefine:20200118162032j:plain:w300

フランス語では、アシ・パルモンティエールと言っていますが、肉の種類によらずです。

使う肉は、

  • 鴨肉
  • 牛肉

の二つが多いですが、その他に鶏肉や、魚を使ってもできます。

肉の値段では、鴨肉が高くなり、鴨を使うと、肉をばらばらにするのに、時間がかかります。

大体ジューシーなアシ・パルモンティエールは、ジャガイモに対して肉の割合が約半分です。

アシ・パルモンティエールの作り方

 

このアシ・パルモンティエールも、ある意味で余りもの再利用の料理とも言えます。

ポトフという、肉の切り身をスープにした料理がありますが、このポトフに使った肉を使う時があります。ですので、ポトフの余りものという場合があります。

特に余っていない、通常のレシピです。

【アシ・パルモンティエールのレシピ】 ジャガイモ 500g 牛ひき肉 250g(ないしは鴨肉) 玉ねぎ 2つ パセリ 少々 バター 20g 牛乳  20g グルイエールチーズ(エメンタールなどセミハードタイプ) 50g ナツメグ 少々 ニンニク 一かけら 塩コショウ 少々

 

①玉ねぎを細切りにして、フライパンでバターを少し敷いて、中火でしなしなになるまで炒めます。

②ひき肉を①に中にいれ、肉の中が焼けるで炒めます。

③ジャガイモの皮をむき、芯がなくなるまでゆで、水切りをして潰し、牛乳と残りのバター、みじん切りのパセリ、ナツメグを加え混ぜます。

④容器を用意して、容器にニンニクとバターをに塗り、ひき肉を入れ整えて、その上に③のジャガイモを載せ、細切りのシュレッドチーズを載せ、温めたおいたオーブンで、180°で約20分焼きます。

このアシ・パルモンティエールのなかの肉は、鴨肉です(^^♪

f:id:meringuefine:20200118162027j:plain:w300

  チーズは、グリュイエールチーズだけとは限らず、色々です。

「パルミジャーノレッジャーノ・コンテ・ミモレット・グリエール・エメンタール」など、好みで選べます。

自分でもおろし金ですりおとして、シュレッドチーズに細くできます。


アシ・パルモンティエールの歴史

このアシ・パルモンティエールは、アントワーヌ=オーギュスタン・パルマンティエールさんが作ったとも言われています。

パルモンティエールさんは、薬剤師、栄養食で、ジャガイモの普及に努めた人です。

パルマンティエは、ベンジャミン・フランクリンやアントワーヌ・ラヴォアジエなどの有名人を夕食会に招いてジャガイモ料理を出したり、王や王妃にジャガイモの花束を贈るなどの広報活動を行ない、ジャガイモの畑をわざわざ昼間は兵士に護衛させ、夜は兵を引き上げさせて、興味を持たせて盗ませる、などの方法でジャガイモを広めた。 引用先 オーギュスタン・パルモンティエ

 

まとめ

アシ・パルモンティエールについてまとめました。

アシ・パルモンティエールはフランス語読み、英語ではマッシュポテトグラタンです。

中に入れる肉は、牛肉のミンチが一般的ですが、鴨肉も良く使われていますし、肉の量が多いと、ジューシーになって美味しいです。

使うチーズは1種類だけでなく、2種類にしても美味しいですし、また味が変わり、オリジナリティがでますね(^^♪