Sakurakoのグルメなダイエットブログ

フランス料理・アラフィフ

アシ・パルモンティエールの進化版!柔らか~い




【読み放題KindleUnlimited、パリのレストラン58選アップデートしました】 北駅ティエリー・マルクスさんブラッスリー前には 諫山創さん『 進撃の巨人 』が展示中





マッシュポテトのグラタンにすした、マッシュポテトグラタンは、フランス語では、アシ・パルモンティエールです。

それが、最近食べたこのアシ・パルモンティエールが、なんとオーブン焼きではなかったのです。

アシ・パルモンティエールとはどんなの?

その最近食べたアシ・パルモンティエールは、

アシ・パルモンティエール

こんな柔らかでした。

具材はクラシックなアシ・パルモンティエールと一緒で、鴨肉が添えています。

いままでのなら、

アシ・パルモンティエール

このように鴨肉とポテトを合わせて、オーブン焼きしてあります。

アシ・パルモンティエール

それで今回こんなジューシーなアシ・パルモンティエールを食べて、時代も変わったと感じました。

アシ・パルモンティエールの作り方

このアシ・パルモンティエールの作り方は簡単です。

【アシ・パルモンティエールのレシピ】
ジャガイモ 500g
カモ肉 250g(ないしは鴨肉)
アーモンドスライス 少々
バター 20g
牛乳  20g
塩コショウ 少々
ナツメグ 少々

①ジャガイモの皮をむき、芯がなくなるまでゆで、水切りをして潰し、牛乳とバター、ナツメグを加え混ぜます。

②容器を用意して、丸型の型に①の混ぜ合わせるたマッシュポテトを入れ、型から取り出します。

③カモ肉をソテーして、醬油とバターで味付けして、冷まし、ちぎったカモ肉を②のマッシュポテトののせます。

④お好みで、サラダを盛り付け、その上にソテーしたアーモンドをふりかけます。

このアシ・パルモンティエールには、ペストソースが振ってありますが、マストではないと思いました。

ペストソースの作り方はこちらをご参照ください。 www.sakurakodesu.xyz

まとめ

アシ・パルモンティエールの進化版をまとめました。

英語ではマッシュポテトグラタンですが、グラタンになっていない、アシ・パルモンティエールです。

こんなアレンジで食べる鴨肉もジューシーになって美味しいです。

オリジナリティがでていますね(^^♪

www.sakurakodesu.xyz