Sakurakoのグルメなダイエットブログ

アラフィフが美人になるフランス料理グルメ

フランス料理の定番デザート70選!いわくのデザートはどれ?

スポンサーリンク

f:id:meringuefine:20200821020644j:plain

フランス料理の定番デザートをご紹介します。

パティシエの作るデザートはアートです。

デザートはフランス語で、「デセール」です。

フランス料理のデザートの定番とは、アートで綺麗なデザートもあります。

しかし、フランス人の口になじんでいる素朴で人気のあるデザートもあります。

フランス人全体に人気があるもの、または歴史的に無視できない大御所的なもの、レストランで力を入れて、星付きシェフが力を入れているものは定番になっています。

デザートは、メインディッシュの後、コースの最後にでてきます。

デザートを選ぶときの参考にしていただけるように、画像と味、名前も一緒にご紹介します。

では定番のデザートのを早速見てみましょう(^^♪

 

フランス料理の定番デザート70選

 

カフェでは出てくることが少ないですが、ちょっと高級なレストランでは、スフレは定番です。

スフレ

スフレはアツアツのものと、アイスクリームのような冷たいスフレがあります。 アツアツのスフレです。

スフレ・ショ・オ・フレーズ・マラデボア、ソルベ・フロマージュ・ブラン

スフレ・ショ熱いスフレという意味です。スフレが人気なのは、スプーンを入れてへこんで、そこを熱々で食べるところでしょうか。

最近の演出として、テーブルに運ばれてからクリームをかけるなども喜ばれるというのもあります。

f:id:meringuefine:20200428235912j:plain
スフレ・ショ・オ・フレーズ・マラデボア、ソルベ・フロマージュ・ブラン(Soufflé chaud au fraise Mara des bois,sorbet fromage blancイチゴのスフレ、フロマージュブランのソルベ添え)

スフレ・オ・グラン・マル二エ

このスフレには、グラン・マル二エをかけて、そこで火をつける演出があります。 グラン・マルニエというオレンジのリキュール酒で香りがいいです。

f:id:meringuefine:20200314192741j:plain
スフレ・オ・グラン・マル二エ(Soufflé au grand Marnierオレンジリキュール入りスフレ)

スフレ・オ・グラン・マル二エ

同じくグラン・マル二エのスフレで、アツアツの状態で、上部の穴を開けて、アイスクリームを乗せる演出です。 そこからへこんでいきます。

f:id:meringuefine:20200818003015j:plain
スフレ・オ・グラン・マル二エ(Soufflé au grand Marnierオレンジリキュール入りスフレ)

スフレは冷たいタイプもあります。

 

スフレ・グラッセ・ア・ラ・フランボワーズ

アツアツのスフレ以外では、シャーベットタイプのスフレもあります。

キイチゴのシャーベットスフレです。マスカラポーネチーズの入った冷たいアイスクリームタイプです。

冷たいスフレは、イチゴやキイチゴの組み合わせが多いですね。これにもアマレナがのっています(^^♪

 

f:id:meringuefine:20200428235121j:plain
スフレ・グラッセ・ア・ラ・フランボワーズ(soufflé glacé à la framboise キイチゴのシャーベットスフレ)

ババ・オ・ラム

基本は、ラム酒漬けのスポンジケーキです。

ラム酒には砂糖も入っていて、甘いスポンジケーキになっており、その上に、シャンティイーの生クリームを飾ります。

カタカナにすると、ババオラムか、ババオロムってかかれていますが、ババ・オ・リュムがカタカタでは近いです。 が、ババオラムで統一します😊

f:id:meringuefine:20200429000529j:plain
ババ・オ・ラム (baba au rhum ババ・オ・ラム  ラム酒のスポンジケーキ)

ババには決まった形がありません。 細長のタイプや半分切りのタイプがあります。

f:id:meringuefine:20200428234415j:plain
ババ・オ・ラム (baba au rhum ババ・オ・ラム ラム酒のスポンジケーキ)

ババ・オ・ラムをレストランで注文すると、ラム酒をさらにかけてサービスしてくれます。

f:id:meringuefine:20200819171015j:plain
ババ・オ・ラム (baba au rhum ババ・オ・ロム ラム酒のスポンジケーキ)

ババには、たーっぶりのラム酒をかけてくれます。カフェではできないのですが、レストランのババだと、この風習というのか、しきたりは残っています(^^♪

ラム酒のスポンジケーキが正式な作り方ですが、コスト削減で、フランスパンの残りを使ったのは、こんなババになっています。

f:id:meringuefine:20200210231959j:plain
ババ・オ・ラム (baba au rhum ババ・オ・ラム ラム酒のスポンジケーキ)

この↓ババは、パティシエのヤン・クヴラーさんのババです。 アルコールなしで、中にはストロベリーのジャムが入っています。

f:id:meringuefine:20200818005255j:plain:w700
ババ・オ・ラム(baba au rhum ババ・オ・ラム ラム酒のスポンジケーキ)

そして、最後が、パリでもっとも古いババを作った、ストーレというケーキ屋さんのババです。

f:id:meringuefine:20200127214814j:plain
ババ・オ・ラム (baba au rhum ババ・オ・ラム ラム酒のスポンジケーキ)

 

メレンゲ

メレンゲのデザートも曰くがいっぱいです。

パヴロヴァ

パヴロヴァ(Pavlova )の名前は、ロシアのバレエダンサー、アンナ・パヴロワへ贈ったとされており、1926年あたりにオーストラリアとニュージーランドへパヴロヴァさんが行った際に食べたデザートで、それが由来となっています。

基本的に、パヴロヴァはサクサクのフレンチメレンゲです。 フレンチメレンゲは、サクサクです。 ところがイタリアメレンゲにして作ると、しっとりになります。

パリのベルビルにあるLe Hérisssonというレストランのパヴロヴァです。シェフのインタビューも入れています。

f:id:meringuefine:20200710222422j:plain
パヴロヴァ「ベルビルのLe Hérissson」

多くのパヴロヴァは、バレリーナのチュチュ(ヒラヒラのスカートみたい)をモチーフにもしています。 これは、そのチュチュが逆さになっているモチーフです。 小さなメレンゲがまるで白玉団子のようで、飾り台もメレンゲです。

f:id:meringuefine:20200702191431j:plain
パヴロヴァ(メレンゲにフルーツ飾り)

次は、メレンゲの「オムレット・ノルヴェジエンヌ」です。

オムレット・ノルベジエンヌ

オムレット・ノルヴェジエンヌも、メレンゲの代表的なデザートです。 スポンジケーキの中に、アイスクリームを入れて、それをイタリアンのメレンゲで囲み、オーブンで焼いたものです。

出来上がりは、お家が完成した感じになっています(^^♪

f:id:meringuefine:20200428235458j:plain
オムレット・ノルベジエンヌ(ノルウェーのオムレツ)

アイスクリームが見えます。

f:id:meringuefine:20200314192829j:plain
オムレット・ノルヴェジエンヌ

 

このデザートは、手早くしないと、中のアイスクリームが溶けます。 作ったメレンゲを手早く形よく載せ、オーブンで1分くらい焼いて、軽く焦げ目をつけます。

このオムレット・ノルヴェジエンヌは定番ですが、レストランでもそうでてきません。

それに対し、同じメレンゲのデザートでも、イル・フロタントはカフェでも作っている定番中の定番です(^^♪

イル・フロトンㇳ

イル・フロタント(île flottante 発音はイルフロタントと最後のトを発音し、浮島という意味です)は、フレンチメレンゲで作り、クリームの上に飾っています。

このクリーム色のクリームは、クレーム・アングレーズと言います。

牛乳と卵を混ぜたクリーム色のさらさらしたクリームです。

メレンゲを作って、クレーム・アングレーズをかけて、その上に砂糖をほんのり焦がしたキャラメルソースをかけています。

f:id:meringuefine:20200702191222j:plain
イル・フロトント (île flottante 浮島カスタードクリーム添え )

このくらい大きなサイズででてくるのは珍しいです。日本のオムライスくらい大きかったです。

f:id:meringuefine:20200702191212j:plain
イル・フロトント (île flottante 浮島カスタードクリーム添え )

形はいろいろあります。

レモンタルト

 

タルト・オ・シトロン・ムランゲ

フランス人はレモンタルトが一番好きなのか、とりあえずレモンタルトのメレンゲ載せが多いです。

メレンゲと、レモンクリームのカスタードクリームを雫の形にしています。

こんな飾りも綺麗ですね。  

f:id:meringuefine:20200210232111j:plain
タルト・オ・シトロン・ムランゲ (tarte au citron meringuée メレンゲのレモンタルト)

タルト・オ・ユズ

f:id:meringuefine:20200315184824j:plain
タルト・オ・ユズ(tarte au yuzu ユズタルトのメレンゲ飾り)

メランゲには、フランス風とイタリア風があり、イタリア風のはしっとりしています。

タルト・オ・シトロン

このレモンタルトは分離させていて、そこに抹茶のメレンゲを飾っています。   パリ13区のロベルジュ・ドゥ・グラドロンというレストランのレモンタルトです。シェフのインタビューも入れています。

f:id:meringuefine:20200210232707j:plain
タルト・オ・シトロン(tarte au citron メレンゲのレモンタルト)

ナチュールのレモンタルト

一番オーソドックスな形は丸形で、台のサブレに、レモンのクレーム(レモン汁と卵とバターのクリーム)のアレンジがされています。

f:id:meringuefine:20200210232713j:plain
Tarte au citron(タルト・オ・シトロン)

レモンタルトはこちら↓の記事も参照ください。

www.sakurakodesu.xyz

ダクワーズ

ダクワーズはアーモンドプードルのイタリアンメレンゲで作っていて、「ダクワーズのビスキュイ」と言い、 円盤型にしたものです。

 

スキュセ

スキュセは、ダクワーズのビスケットを使い、中にクリームを挟んだデザートです。

f:id:meringuefine:20200210232642j:plain
スキュセ、プラリネクリーム

 

 

スゥクセの意味はフランス語で、成功という意味です。

中に入れる生クリームの味はバリエーションがあり、プラリネのクリーム(ヘーゼルナッツのクリーム)や、ラズベリーなどあります。

 

これはラズベリーソースです。

f:id:meringuefine:20200210232632j:plain
フランボワーズ(framboise ラズベリー)

    名前は、スゥクセ、または、プログレとも言うときもあります。ダクワーズをベースにしたこれら2つの明確な違いはないです。

 

マカロン

おなじみのマカロンもメレンゲのデザートです。

マカロンの生地の材料は卵白の中のアーモンド・プードル(アーモンドを粉にしたもの)の割合が大きいです。

マカロンの生地の焼き方もありますが、中に入れるフルーツのアレンジで、見た目も味にも影響があります。

f:id:meringuefine:20200210232954j:plain
マカロン

 

こちらの記事には↓フレンチメレンゲとイタリアンメレンゲの違いを書いています。

フランスのメレンゲデザート名前!イタリアンとフレンチで違う感触 - Sakurakoのグルメなダイエットブログ

このメレンゲは、フレンチメレンゲなのに、まるで、イタリアアンメレンゲで、上にフルーツがり、とっても繊細なメレンゲです。

f:id:meringuefine:20200320213007j:plain

シュークリームは、フランスでそう一般的ではありませんが、このパリ・ブレストは外されません。

パリ・ブレスト

パリ・ブレストは、名前で有名なデザートです。

デザートとしては、簡単なものですが、シュークリームの間に、アーモンドとヘーゼルナッツのムスリムクリームがたっぷりとサンドされたデザートです。

由来は、パリとブルターニュ地方のブレスト間で自転車競技の優勝者に王冠の形にしたデザートとなったと言われています。

上部には粉砂糖とアーモンドスライス添えれています。

 

f:id:meringuefine:20200428234911j:plain
パリ・ブレスト(Paris-Brest)

中に入れるクリームは、ピスタチオ味です。

 

f:id:meringuefine:20200429000011j:plain
パリ・ブレスト・ア・ラ・ピスターシュ(Paris-Brest à la pistache)

ルリジューズ

ルリジューズは、フランス語で、宗教のという意味で、2段構えのシュークリームに、チョコレートか、モカがかかっています。

f:id:meringuefine:20200819174248j:plain
ルリジューズ(religieuse)

発祥の地はパリのフラスカティというカフェで、ナポリ出身のアイスクリーム店が作っていました。

形は、下のシュークリームが上のシュークリームの、2倍の大きさで、上下の間には落ちないようにバタークリームがあります。

ミシャラクさんのルリジューズは、バタークリームがかなり濃厚で、キャラメル味で、シューがアーモンド・プードル入りと、超豪華。

f:id:meringuefine:20200819174232j:plain
ルリジューズ 有名パティシエのクリストフ・ミシャラクさん(religieuse)

下のルリジューズも、シューがアーモンド・プードル入りです。

f:id:meringuefine:20200819174241j:plain
ルリジューズ 有名パティシエのクリストフ・ミシャラクさん(religieuse)

 

プロフィトロール

プロフィトロールは、カスタードクリームか、シャンティイクリームの入ったシュークリームにチョコレートがかかっています。

今は断然、シュークリームの中には、アイスクリームはいっています。

f:id:meringuefine:20200819221530j:plain
プロフィトロール(Profiterole)

ミル・フィーユ(ミル・ファイユ)

その他に定番中の定番には、ミル・フィーユがあります。

ミルフィーユと名前で知られていますが、フランス語では「ミル・ファイユ」と言われており、1000枚の葉という意味です。

f:id:meringuefine:20200615213238j:plain

パイ生地が何重にもなっているので、そう呼ばれています。特に良質なバターで良し悪しが決まりますね。パイ生地のさっくり感を出すのが難しい、3層構造の職人芸です。

 

f:id:meringuefine:20200615213233j:plain
ミル・ファイユ(mille feuille ミルフィーユ)

このミルフィーユはフォークとナイフで食べるのが難しいです。 パリ6区の「カフェ・ドゥ・フロー(café de flore)は」とい、フランスの哲学者のサルトルとヴォーヴォワールが行っていたカフェのミルフィーユです。

横に寝せてカットするのもありますが、横に寝せるとお皿いっぱいになってしまうので、このほうがスリムですね。

同じミルフィーユでも、パイ生地がないのもあります。

f:id:meringuefine:20200615213643j:plain
ミルフィーユ

サントノレ

サントノレも、デザートの定番です。

パリのシブストというケーキ職人さんが作ったデザートで、パリのサントノレ通りの名前からきています。

シューの中には、クレーム・パティシエールではなく、シブスト・クリームが入っていて、シューの上を、キャラメルで覆っています。

シュークリームの上には、シャンティイクリームたくさ~ん乗っています。

f:id:meringuefine:20200210232758j:plain
サントノレ

この↓サントノレは、ヴァンドーム広場の近くの、ハイアットホテル(Park Hyatt Paris-Vendôme)のサントノレです。

f:id:meringuefine:20200210232552j:plain
サントノレ

パンナコッタ(パナ・コタ)

パンナコッタは、フランスでも市民権を獲得したかのデザートで、レストランのメニューにはかならずと言っていいほど登場します。

牛乳とゼラチンで固めるだけの簡単なデザートですが、食べたときのど越しが良いので人気です(^^♪

 

f:id:meringuefine:20200210232150j:plain
パナコタ・オ・マング (panna cotta à la mangue パンナコッタのマンゴソース添え)

同じパンナコッタですが、円柱に仕上げています。グラスの容器に入れて、上から果物のジャムや、クリ(果物を液状にしたもの)をかけるのがほとんどですが、円柱の上にさらに装飾をしてあるのも、さすがですね。

中にさらに黒サクランボのジャムがあり、甘さ控えめです(^^♪

f:id:meringuefine:20200210232536j:plain
パナコタ・オ・スリーズ (panna cotte au cerise noirパンナコッタの黒サクランボ添え)

こちら↓もパンナコッタで、なんとヤギチーズのパンナコッタで~す(^^♪ 赤フルーツのクリと、ヤギの味が美しいマッチングです。

f:id:meringuefine:20200315184746j:plain
パナコタ・オ・フロマージュ・フレ・ドゥ・シェーブル(panna cotte au fromage frais ヤギチーズのパンナコッタの赤フルーツのクリ添え)

フルーツのスープのデザート

スープというと前菜をイメージしますが、果物のデザートでもスープという言い方をします。

ミキサーでジュース状にしたものや、細かく切って水分感を演出して、デザートとして出しています。

スープ・ドゥ・ベトラブ

べトラブという野菜(赤株に似ている)をミキサーにかけて、砂糖であまく味付けしています。

 

f:id:meringuefine:20180409174514j:plain
soupe de betterave( ベトラブのスープ)

ミントを添えるとまた綺麗です(^^♪  

お皿に盛り付けして、シャーベットを添えた夏のデザート。さっばり感がいいですね(^^♪  

スープ・ドゥ・マング

果物のマンゴのスープです。マンゴの甘みで砂糖をいれない健康的なデザートとして親しまれています。

f:id:meringuefine:20200210231939j:plain
スープ・ドゥ・マング(soupe de mangue マンゴスープ)

スープ・ドゥ・フレーズ

イチゴのシャーベットとスープの間の感触です。

f:id:meringuefine:20200819190517j:plain
スープ・ドゥ・フレーズ(soupe de fraise イチゴスープ)

ソルベ・ドゥ・フレーズ

f:id:meringuefine:20200819191646j:plain
ソルベ・ドゥ・フレーズ(sorbet de fraise イチゴスープ)

 

スープ・ドゥ・フリュイ

  スープ・ドゥ・フリュイは、果物かんづめのイメージで、色んなフルーツのシロップ漬けのデザートです。

f:id:meringuefine:20200819190521j:plain
スープ・ドゥ・フルゥイ(soupe de fruits 果物のスープ)

   

生クリーム系

フレーズ・ア・ラ・シャンティイー

イチゴのシャンティクリームかけです。生クリームのをホイップにした、イチゴにかけてあります。クリームが常温でも持つので夏には良くでてくるデザートです。

 

f:id:meringuefine:20200210232034j:plain
フレーズ・ア・ラ・シャンティイー(fraises à la chantilly イチゴのシャンティかけ )

アイスクリームの上に、シャンティイーをのせ、アマレナのシロップにサクランボをつけて煮込み、出来上がったサクランボをのせます。

アマレナは、写真の下の手前の黒っぽいサクランボです。アマレナを使うと、生クリームはシャンティイーが一般的です。

f:id:meringuefine:20200210232043j:plain
グラス・アマレナ(glace amarena アイスクリームのアマレな添え )

フォンテーヌブロー

あまり聞きなれませんが、フォンテーヌの森のような名前ですが、フロマージュ・ブロンと生クリームで泡だでたふわふわクリームです。

シャンティは、スポンジケーキやシュークリームの中にはいっている、泡だてられた生クリームですが、〚フォンテーヌブロー〛はその中にフロマージュブランを混ぜています。

ですので、味は軽めです。特徴は泡が立っても軽めで、潰れやすいことです。そこは生クリーム100%とは違います。

イチゴのジャムや、果物を真ん中に入れたりと、フルーツを楽しめます。

f:id:meringuefine:20200210231856j:plain
フォンテーヌブロー(Fontainebleau )

フォンテーヌブローは、常温ではホイップが持ちません。

 

リ・オ・レ

あまりご飯のデザートです。残ったご飯を牛乳で煮込んで、少しバニラで風味をつけたデザートです。

欧州でご飯のデザートなんてないのかと思っていましたが、スペインのカタロニア地方にも、〚クレーム・カタロン〛と言って、このリ・オ・レに似た同じ作り方をしているデザートがあります。

f:id:meringuefine:20200210231901j:plain
リ・オ・レ (riz au lait あまりご飯デザート )

ティラミス

ティラミスは、イタリア系のデザートですが、このデザートもしっかりと市民権を獲得したといえます。

今はイタリアのチーズの、ブラタチーズやモッツアレラチーズの人気もあり、このティラミスには、マスカラポンチーズが使われていて、まったり感がありたまらなく美味しいです(^^♪

f:id:meringuefine:20200210232012j:plain
ティラミス (tiramisu ティラミス)

 

ガトー・オ・ショコラ

ガトー・オ・ショコラは、英語にするとチョコレートケーキです。チョコレート入りケーキは、これも定番中に定番です。

シャンティイクリームと、クレーム・オングレーズ添えで食べるのが一般ですが、このチョコレートのケーキのチョコレート度をどうするかで、随分とバリエーションがでます。

このガトー・オ・ショコラは、他にも言い方があり、また名前がはっきりしないのも事実です。

言い方が、

  • モエルー・オ・ショコラ(溶けているチョコレートケーキ)
  • フォンダン・オ・ショコラ(溶けているチョコレートケーキ)
  • クラン・オ・ショコラ(溶けて流れ出るチョコレートケーキ)

と、溶けているとろーっとしたチョコレートケーキを表現しています。 上の2つの、モエルーと、フォンダンは、シェフの命名も一定していません。

モエルー・オ・ショコラ

f:id:meringuefine:20200210232857j:plain
モエルー・オ・ショコラ (moelleux au chocolat )

フォンダン・オ・ショコラ

 

f:id:meringuefine:20200210232845j:plain
フォンダン・オ・ショコラ (fondant au chocolat )

モエルーとも、フォンダンとも言わない場合もあり、

この↓ガトー・オ・ショコラは、塩味のキャラメルクリーム添えです。 濃厚なチョコレートと、キャラメル味がとってもいい組み合わせです。  

f:id:meringuefine:20200731003707j:plain
ガトー・オ・ショコラ (gâteau au chocolat )

この↓ガトー・オ・ショコラは、ストロベリーのアイスクリーム添えです。

f:id:meringuefine:20200819221538j:plain
ガトー・オ・ショコラ (gâteau au chocolat )
f:id:meringuefine:20200819221600j:plain
ガトー・オ・ショコラ (gâteau au chocolat )

最後のこのガトー・オ・ショコラは、クラン(coulant)といって、流れるという意味です。

ケーキをスプーンでカットすると、そこからチョコレートが流れ出る感じです。

f:id:meringuefine:20200819221524j:plain
クラン・オ・ショコラ (coulant au chocolat)

最後のクラン・オ・ショコラは一番流動的です。

ガトー・オ・ショコラについては、こちらの↓記事に詳しくまとめています。

www.sakurakodesu.xyz

 

オペラ

「オペラ」は随分と見かけなくなったとはいえ、定番からなくなることがないデザートです。

ビスキュイ・ジョコンド(アーモンドプードルと卵、小麦粉)のスポンジと、チョコレートや、コーヒーのバタークリームを何層かに重ねているので、その食感はガトー・オ・ショコラではでないのがこのオペラの魅力でしょう。

このオペラは、パリのガルニエのオペラ座のレストランのオペラです。  

 

f:id:meringuefine:20200210232647j:plain
オペラ

 

次は、残り物系のデザートです。

パン・ペルデゥ

残ったフランスパンを無駄にせずに使うという考えのデザートです。卵、砂糖、牛乳をバターをひいたフライパンで焼いたお菓子で、アイスクリームとジャムと一緒に食べると美味しいですね。

f:id:meringuefine:20200210232505j:plain
パン・ペルデゥ (pain perdu あまりパンのお菓子 )

  同じパンペルデゥでも、ブリオッシュを使った、ブリオッシュ・ペルデゥです。

f:id:meringuefine:20200210232515j:plain
ブリオッシュ・ペルデゥ (brioche perdue あまりブリオッシュのお菓子 )

これ↓はピエルール・エルメのパンペルデゥです。塩味ですので、デザートではなくメインディッシュです。

f:id:meringuefine:20200308005401j:plain
ブリオッシュ・ペルデゥ ・サレ(brioche perdue salé あまりブリオッシュサレ )

シャルロット

シャルロットは、ババロアの周りに、ビスキュイ・パティシエという、ビスケットをまいたデザートです。

f:id:meringuefine:20200210232353j:plain
タルト・タタン(tarte tatin)
f:id:meringuefine:20200210231658j:plain
タルト・タタン(tarte tatin)

クラフティ・オ・スリーズ

サクランボのクラフティです。こんな素朴なデザートが人気なのと疑問に思われる方もいるかもしれませんが、そんな素朴さが人気の秘密です。

いつもおしゃれなデザートばかりというわけではなく、このような卵と小麦粉で作った家庭の味は定番で居続けるということですね。

f:id:meringuefine:20200210231703j:plain
クラフティ・オ・スリーズ (Clafoutis aux cerises サクランボのクラフティ)

クレーム・カラメル

クレームキャラメルも卵と牛乳の素朴なデザートで、どんなに綺麗なデザートが出てきてもなくならないデザートで、定番のデザートとして健在です。

f:id:meringuefine:20200819224244j:plain
クレーム・カラメル(crème caramel クリームキャラメル )

リンゴ

クルスダッド・オ・ポム

は焼き林檎で、周りがパイ生地で中がすりリンゴです。

パイ生地の中にすりリンゴを入れてオーブンで焼きその上に砂糖をまぶします。

バターと砂糖で味付けしていますが、ショソン・オ・ポムにすりリンゴの部分が似ていますが、パイ生地で焼き上げているので、歯ごたえのある食感です。

f:id:meringuefine:20200210232407j:plain
croustade aux pommes(クルスタド・オ・ポム)

 

タルト・タタン

は林檎のタルトですが、林檎のタルトとの違いは、キャラメルで炒めているところです。

パイ生地を型のかぶせてオーブンで焼きあげるので分厚いのですね。

キャラメル味なのに、さらに生クリームと一緒に食べることが多いです。

 

f:id:meringuefine:20200210232201j:plain
タルト・タタン(tarte tatin)

同じタルトタタンですが、シャンティイ添えです。レストランのタルトタタンで、プレゼンがやはり違いますね。焦げない位にキャメルが焼かれて美味しいです。  

イチジク

 

f:id:meringuefine:20200207180414j:plain
フィーグ・ロティ(figues rôties )
f:id:meringuefine:20200424222047j:plain
フィーグ・ロティ(figues rôties )

ナシ

最後に手の込んだ、シェフの傑作をご紹介します。

ポワール・ポシェ

赤ワイン煮込んでいて、ワインの煮込みで色が鮮やかです。

f:id:meringuefine:20200210232437j:plain
ポワール・ポシェ・オ・ヴァン・ルージュ 洋ナシの赤ワイン煮込み

ポワール・ロティ

ちょっと高級なとろこでなら定番になっています。

赤ワイン煮込みで、色目が強くなっていて、中に、ビスケットを入れていまる、ポワール・ロティです。  

f:id:meringuefine:20200819221551j:plainf:id:meringuefine:20200819230606j:plain
ポワール・ロティ・オ・ヴァン・ルージュ 洋ナシの赤ワイン煮込み

このポワール・ロティは、パリのパレロワイヤルにある5★ホテル「Grand Hôtel du Palais Royal ル・グラン・オテル・ドゥ・パレ・ロワイヤル」のレストラン「Le Lulli ル・リュリ」のシェフのオリウ(Orieux)さんの作品です。 Orieuxさんのインタビューはこちら↓へどうぞ。

www.franceinfos.xyz

メルバ(ポワール・ロティ)

ポワール・ロティのキャラメル味のメルバです。

メルバはオペラのソプラノ歌手の名前で、巨匠エスコフィエの発案のデザートです。

これは洋ナシをキャラメルで覆って、マスカラポーネのアイスクリーム添えです。

 

f:id:meringuefine:20200606211807j:plain
オンクチューズ・メルバ・ドゥ・マスカラポヌ・ポワール・ロティ(onctueuse melba de mascarpone et poire rôtieポワール・ロティのキャラメル味のメルバ)

一つ星のレストラン「Apicius」のメルバです。美味で~す(^^♪  

ナシのデザートのベル・エレーヌには、チョコレートがかかっています。 ベル・エレーヌはこちら↓の記事をどうぞ。

www.sakurakodesu.xyz

 

まとめ

いかがでしょうか、フランスの定番のデザートをご紹介しました。

デザートは、パティシエさんが作っているデザートの中には創作作品が増えています。

とはいえ、パン屋さん職人さんが作るデザートも綺麗なのが多くなってきました。

レストランで食べるデザートなら、より凝った演出を楽しめますが、定番というからには、フランス人に根強く愛されているという背景があります。

だからこそ、素朴なデザートもずっとあり続けています。

その中で、夏は果物を使って季節を楽しむという趣向もありますが、定番の魅力っていいですね。

ご参考になることがあれば幸いです。

www.sakurakodesu.xyz

www.sakurakodesu.xyz