Sakurakoのグルメなダイエットブログ

アラフィフが美人になるフランス料理グルメ

ガトーショコラとチョコレートケーキとフォンダンショコラの違いは?

スポンサーリンク

f:id:meringuefine:20200819221538j:plain

デザートファンにとって、チョコレート入りのケーキは外せないものですね。

ガトー・ショコラはフランス語でいうと、「ガトー・オ・ショコラ」

です。

チョコレートの溶け度も違い、中のスポンジの部分と混じって美味しいです。

味に微妙に響きます。

では早速、「ガトー・オ・ショコラ」から見ていきましょう。

ガトー・オ・ショコラとチョコレートケーキ

ガトー・ショコラはチョコレートケーキのことで、ガトーショコラと言っていますが、正確には、ガトー・オ・ショコラです。

ガトー・オ・ショコラ

ガトー・オ・ショコラにも言い方がさらにあります。

溶け具体で3段階がり、名前が3つあります。

  • モエル―・オ・ショコラ
  • フォンダン・オ・ショコラ
  • クラン・オ・ショコラ

「モエル―・オ・ショコラ」、「フォンダン・オ・ショコラ」は、

「モエル―」は溶けてしっとりしているという意味で、「フォンダン」も溶けている、という意味です。

省略形で、モエル―とも言っています。

3つ目の、「クラン」があり、溶け流れるという意味で、いかにも違いがあるとも言えます。

とろっとしています。

ガトー・オ・ショコラは中が溶けていません。

 

f:id:meringuefine:20200210232851j:plain:w300
ガトー・オ・ショコラ

次のフォンダンも、中は焼けていませんでした。

 

f:id:meringuefine:20200210232845j:plain:w300
フォンダン・オ・ショコラ

シェフによっては、中が溶けていなくても、モエル―(柔らかい、溶けているという意味)とも言っていますので、厳密に区別はできません!

下のガトー・オ・ショコラはシャンティイクリームと、クレーム・オングレーズ添えです。

f:id:meringuefine:20200210232028j:plain:w300
モエルー・オ・ショコラ

下のモエルーは、溶け具合が最高で、モエルーでした。

f:id:meringuefine:20200210232857j:plain
モエルー・オ・ショコラ

「クラン・オ・ショコラ coulant au chocolat」 は最近出会ったガトーショコラの名前です。

クラン・オ・ショコラ
f:id:meringuefine:20200704234640j:plain:w300
クラン・オ・ショコラ
f:id:meringuefine:20200704234644j:plain:w300
クラン・オ・ショコラ

まさに、中のチョコレートが、「coulant 流れる」という状態です😊

f:id:meringuefine:20200704234650j:plain
クラン・オ・ショコラ

つけあわせは、甘さ軽めのシャンティイーです。

f:id:meringuefine:20200704234634j:plain:w300
クラン・オ・ショコラ

まとめ

 

最初にガトーショコラを食べて、フォンダンや、モエルーと書いてあり、沢山あるな~と思っていました。

名前が、モエル―や、フォンダンは別物と思っていたのですが、何度も食べるうちに、同じで言い方が違うということなのですね。

ただ、最近になってでてきた、クランは、流れるの意味で、ケーキを切り分けてチョコレートが流れ出すのを楽しめました。

デザートは、こちらの記事とも合わせてお読み下さい(^^♪

www.sakurakodesu.xyz

www.sakurakodesu.xyz