Sakurakoのグルメなダイエットブログ

アラフィフが美人になるフランス料理グルメ

ガトーショコラ?それともガトーオショコラ?3タイプ違いは何ですか

スポンサーリンク

f:id:meringuefine:20200819221538j:plain

デザートファンにとって、チョコレート入りのケーキは外せないものですね。

ガトー・ショコラはチョコレートケーキのことで、正確にはフランス語で、ガトー・オ・ショコラです。

このガトー・オ・ショコラは、チョコレートの総称で、ショコラの溶け度も違い、中のスポンジの部分と混じった状態で名前がついています。

タイプは3つあります。

ガトー・オ・ショコラ(ガトーショコラ)の3つのタイプ

ガトー・ショコラは英語でチョコレートケーキのことですが、

溶け具合で3タイプになっています。

ガトー・オ・ショコラ(ガトーショコラ)溶け具合で3タイプ

ガトー・オ・ショコラにも、溶け具合で3段階があり、

3タイプがあります。

  • モエル―・オ・ショコラ
  • フォンダン・オ・ショコラ
  • クラン・オ・ショコラ

と別れています。

モエル―・オ・ショコラ(モエルー)

「モエル―・オ・ショコラ」は溶け度が高いです。

下のモエルーは、溶け具合が最高でモエルーでした。

f:id:meringuefine:20200210232857j:plain
モエルー・オ・ショコラ

「モエル―」は溶けてしっとりしているという意味です。

省略形で、モエル―とも言っています。

フォンダン・オ・ショコラ(フォンダン)

「フォンダン・オ・ショコラ」も溶け度が高いです。

次のフォンダンは、中がトロトロです。

f:id:meringuefine:20200210232845j:plain:w300
フォンダン・オ・ショコラ

「フォンダン」も溶けている、という意味です。

シェフによっては、中がトロトロでなくとも、フォンダン(柔らかい、溶けているという意味)とも言っています。

どちらもクレーム・オングレーズ添えです。

クラン・オ・ショコラ(クラン)

「クラン・オ・ショコラ coulant au chocolat」は最近出会ったガトーショコラの名前です。

f:id:meringuefine:20200704234640j:plain:w300
クラン・オ・ショコラ
f:id:meringuefine:20200704234644j:plain:w300
クラン・オ・ショコラ

まさに、中のチョコレートが、「coulant 流れる」という状態です😊

f:id:meringuefine:20200704234650j:plain
クラン・オ・ショコラ

つけあわせは、甘さ軽めのシャンティイーです。

f:id:meringuefine:20200704234634j:plain:w300
クラン・オ・ショコラ

この3つ目の「クラン」、溶け流れるという意味で、いかにも流れると言えます。

とろっとしています。

まとめとガトーショコラ

 

3タイプのガトー・オ・ショコラです。 中のチョコの溶け具合で名前がついています。

溶けていない場合は、ガトーショコラと言っているのが一般的です。  

f:id:meringuefine:20200210232851j:plain:w300
ガトー・オ・ショコラ

最初にガトーショコラを食べて、フォンダンや、モエルーと書いてるガトーショコラを食べると、やはり溶け度でシェフの表現があるなと感心しています。

最近になってでてきた、クランは、流れるの意味で、ケーキを切り分けてチョコレートが流れ出すのを楽しめました。

チョコレートのカロリーが気になりますが、ケーキはチョコレートのみで食べるよりは、ずっとカロリーが少ないのです。

www.sakurakodesu.xyz

チョコレートを朝食にするのもありで、最近ハマっています。