Sakurakoのグルメなダイエットブログ

アラフィフが美人になるフランス料理グルメ

タルトの種類と名前を徹底調べ!伝統とオリジナリティどっち?

スポンサーリンク

タルトといえば、フランスではレモンタルトが一番人気です。

デザートも色々な種類があって、日夜新しく創作されていますが、それでも、レモンタルトは特別な位置を占めています。

しかし、人気が衰えないのは何が理由なのかって、そこは味覚のこのみがあるのかとおもいますね。

オーソドックスなタルトのなかに、創作もあります。

そこでこの記事では、レモンタルトの定番であるメレンゲを使った、ムラング・イタリエンヌ(イタリアンメレンゲ)レモンタルトや、ムラング・フランセーズ(フレンチメレンゲ)を融合させたタルトをご紹介します。

「ここまでの食感を実現できるの?」と感激です。

そんなオリジナリティのあるタルトを見てみましょう(^^♪

 

タルトの種類と名前

フランスで一番人気の定番レモンタルト、沢山表現が違います(^^♪

レモンタルト

ナチュールのレモンタルト

レモンタルトで一番オーソドックスな形は丸形です。

f:id:meringuefine:20200210232652j:plain:w300
Tarte au citron(タルト・オ・シトロン)

普通のパン屋さんでも、スーパーのお菓子コーナーでも置かれているのは、こんなかさばらない平べったい形です。

これは伝統というようよりも、持ち運びにも便利で、なにせパックに うまくはいります。

それから、少し背が高くなって、レモンのクレーム(レモン汁と卵とバターのクリーム)がもりあがっています。

f:id:meringuefine:20200210232713j:plain:w300
Tarte au citron(タルト・オ・シトロン)

まずは、イタリアンメレンゲからです。

メレンゲつきのレモンタルト

これもメレンゲ(ムラング・イタリエンヌ)付きのレモンタルトです。

f:id:meringuefine:20200210232617j:plain:w300
タルト・オ・シトロン・ムランゲ (tarte au citron meringuée レモンタルトのメレンゲ添え)

 

同じメレンゲでも、イタリア風なので、このくらいの粘りがでて、口の中でメレンゲが広がり、徐々にレモンの香りと、バター味のサクサクとしたサブレ台と3重奏になります😊

レストランのメランゲつきレモンタルト

レストランでなら、同じメレンゲ付きでも、ふっくらとしたメランゲ(ムラング・イタリエンヌ)付きです。

f:id:meringuefine:20200210232135j:plain:w300
タルト・オ・シトロン・ムランゲ (tarte au citron meringuée レモンタルトのメレンゲ添え)

もう一つは、四角の中にレモンクリームとメレンゲがあり、その上の赤のフルーツがのっています。

一見すると、キイチゴのタルトみえますが、レモンタルトと芸がこまかいです。

 

f:id:meringuefine:20200210231852j:plain:w300
タルト・オ・シトロン・ムランゲ (tarte au citron meringuée レモンタルトのメレンゲ添え)

ここからは、波のしずくシリーズで、フランチメレンゲとの組み合わせです😊

メレンゲしずく形のレモンタルト①

フレンチのメレンゲ(ムラング・フランセーズ)の形は、涙のしずく形のメレンゲをレモンのクレームの上に敷き詰めます。

白と黄色の組み合わせが綺麗だからです。このレモンタルトには、さらに緑のレモンで緑の果肉を飾っています。

甘さ控えめなのが嬉しいレモンタルトです。

 

f:id:meringuefine:20200210232052j:plain:w300
タルト・オ・シトロン・ムランゲ ・エ・オ・ヴェール(tarte au citron meringuée et au vert レモンタルトとメレンゲ)

 

メレンゲしずく形のレモンタルト②

オリジナリティ溢れるレモンタルトです。

通常のレモンタルトなら、クレーム・パティシエールの上にメレンゲを飾るのが、このタルトはクレーム・パティシエールとメレンゲで涙のしずく形にしています。

f:id:meringuefine:20200210232111j:plain:w300
タルト・オ・シトロン・ムランゲ (tarte au citron meringuée メランゲとレモンタルト)

レストラン

名前 :Le 23Clauzel 住所 :23, Rue Clauzel, 75009 Paris

 

しずく形のレモンタルト③

こちらのレモンタルトは、レモンのクレーム・パティシエールでしずく形にして全体を飾っています。

こちらは、今をときめく、シリル・リニャックさんのレモンタルトです。

このしずく形で開店以来ずっと変わらず同じ形で出しています。

f:id:meringuefine:20200210232117j:plain:w300
Tarte au citron(タルト・オ・シトロン)

 

パティシエール店

名前 :La Pâtisserie By Cyril Lignac 住所 :24, Rue Paul Bert, 75011 Paris  

レモンタルトは、この「涙のしづく」が多いです。

メレンゲしずく形のレモンタルト④

f:id:meringuefine:20200515201223j:plain
Tarte au citron(タルト・オ・シトロン)

スポンサーリンク

ユズ風味のメレンゲしずく形のレモンタルト⑤

こちらはクリストフ・ミシャラクさんのレモンタルトです。

f:id:meringuefine:20200210232658j:plain:w300
Yuzu citron vert(ユズ・・シトロン・ヴェール )

メレンゲはしずく形を少し平たくして、レモンのガナッシュクリームにゆずが効いています。

和食ファンのミシャラクさんの作品には、ユズが多く使われています。

パティシエール店 名前 :Christophe Michalak 住所 :16 Rue de la Verrerie, 75004

オリジナリティーがあると感心したのは、このサブレバラバラレモンタルトです。

サブレタイプのレモンタルト

タルトのサブレの台を細かくして、その横にクレーム・パティシエールと、メレンゲを添えています。

f:id:meringuefine:20200210232702j:plain:w300
Tarte au citron(タルト・オ・シトロン)

パイのサブレのこんがり感が、レモンのクレーム・パティシエールとマッチしています。

f:id:meringuefine:20200210232707j:plain:w300
Tarte au citron(タルト・オ・シトロン)

そして、小さな抹茶風味のメレンゲが添えられています。

このタイプのタルトは、サブレがサクサクしていて、口の中にレモンペーストがフレッシュな形ではいり、とても新鮮に味わえるのが革新的です。

日本人とフランス人のハーフのシェフの作品です。

 

レストラン名前 :L'Auberge du Roi Gradlon 住所 :36 Boulevard Arago 75013 Paris
 

 

レモンタルトは中のクリームがクレーム・パティシエールですが、梨のタルトは中がアーモンドプードルのペーストです。

www.franceinfos.xyz

ここからは、タルトでも非常にオーソドックスです。

ナシのタルト

梨のタルトは、「タルト・オ・ブルダルー」か「タルト・アマンディーヌ・オ・ポワール」といいます。

ブルダルーと言っても、使うのは西洋梨で、アマンディーヌはアーモンドプードルのペーストを使うからです。

レモンタルトとは違って、果肉をそのまま使っています。オーソドックスなタルトです。

 

f:id:meringuefine:20200210232604j:plain:w300
タルト・アマンディーヌ・オ・ポワール(Tarte Amandine aux poires )

リンゴのタルト

林檎のタルトも、リンゴのコンポートを使ったタルト、クレーム・パティシエールを使ったタルトがあります。果肉の並べ方のアレンジができる素材です。

タルト・オ・ポム

f:id:meringuefine:20200210231821j:plain:w300
タルト・オ・ポンム (tarte aux pommes )

上がリンゴの花びらの下にコンポートを敷いて作り、下のタルトはクレーム・パティシエールで作っています。梨よりもサクサク感が強いですね。

f:id:meringuefine:20200210232418j:plain:w300
タルト・オ・ポンム (tarte aux pommes )

タルト・タタン

リンゴタルトです😊

このタルト・タタンもりんごのタルト系の定番中の定番の一つです。

砂糖を焦がしたキャレメルソースでリンゴを焼いてなじませて、タルトの生地を上にかぶせてオーブンで焼き上げます。

f:id:meringuefine:20200210231943j:plain:w300
Tarte tatin(タルト・タタン)

リンゴタルトよりも、味が濃厚でしっとり感があります。

付け合わせは、シャンティイのクリームです(^^♪

イチゴのタルト

タルト・オ・フレーズです。梨のタルトならパイの台の上には、アーモンドプードルのペーストにするのが多いですが、イチゴのタルトは、クレーム・パティシエールが多いです。

f:id:meringuefine:20200210232611j:plain:w300
Tarte au fraises(タルト・オ・フレーズ)

その方が、赤と白が映えて綺麗ですね(^^♪

アーモンドのタルト

タルト・アマンディーヌです。果物が入っていないので、タルト・アマンディーヌの次に果物の名前がきますが、アーモンドプードルがメインですので、タルト・アマンディーヌとなります。

アマンディーヌの上にはアーモンドスライスがのっています。アーモンド尽くしですね。

f:id:meringuefine:20200210231746j:plain:w300
タルト・アマンディーヌ(Tarte Amandine )

アブリコのタルト

タルト・アマンディーヌ・オ・アブリコと言い、アプリコットのタルトです。 色がオレンジががかった黄色ですので、そのままアーモンドプードルのペーストです。

 

f:id:meringuefine:20200210232732j:plain:w300
タルト・アマンディーヌ・オ・ザアブリコ(Tarte amandine aux abricots)

独創的にできるのは、やはりレモンタルトかなと思います。 レモンクリームは涙のしずく型にでき、アレンジがしやすいですが、果実のはそうもいかないので、おいしくても、いまいち映えないですね😢。

ところが、星付きになるとちょっと違うと感心の例です。

リュー・バルブのタルト

タルト・ア・ラ・リューバルブです。他の果物なら、「オ・○○」ですが、リューバルブはア・ラ・リューバルブと言います。

アンヌ・ソフィー・ピックさんのタルトです。星付きレストランならではの、アレンジです。

リューバルブの赤が、バタークリームの白との組み合わせが綺麗です(^^♪

f:id:meringuefine:20200210231935j:plain:w300
タルト・ア・ラ・リューバルブ

抹茶味のシャーベットを添えています。

レストラン名前 : La Dame de Pic (一つ星) 住所 :20,  rue du Louvre 75001 Paris, France 電話 :01 42 60 40 40
 

www.franceinfos.xyz

まとめ

 

いかがでしょうか、色々なタルトをご紹介しました。

タルトはオーソドックスなデザートと思いきやですが、オリジナリティーのある作品がでていますね。

中でもレモンタルトが一番人気なのは、フレンチシェフ自身がすきなのがあるのかもしれません。

それと、レモンクリームが涙のしずく形になって、綺麗なアレンジができるというのがありますね。

レモンクリームと、イタリアンメレンゲはやはり、最強のコンビといえるほど、説得力があります。

ではでは、ナシならそうして食べますか?

それはベル・エレーヌですよね?↓

www.sakurakodesu.xyz

www.sakurakodesu.xyz