Sakurakoのグルメなダイエットブログ

アラフィフが美人になるフランス料理グルメ

キッシュ具材と食べ方!フランスのキッシュ・ロレーヌはサレ?

スポンサーリンク

キッシュといえば「キッシュ・ロレーヌ」の名前が頭に思い浮かびます。

ロレーヌはフランスの東部地方の名前です。

キッシュはサンドイッチと同じくらい、お昼のランチでも食べる手軽な軽食です。

そして、また夕飯でもメイン料理としても食べる料理です。

そのくらいフランスでは家庭でも浸透した料理です。

実際これは作ってみても、簡単というのがあります。

そこで、この記事では、キッシュに使う具材をご紹介します。

具材としては、ベーコンを入れた「サレ (塩味の意味)」、そのほかに、果物もいれるとほんのりと甘くなり、かといって料理としてのメインにもいけるものです。

キッシュの果物を使ったアレンジをご紹介します。

では早速見てみましょう(^^♪

キッシュの具材と食べ方

 

一番有名なキッシュはキッシュは、ロレーヌです。

具材です。

f:id:meringuefine:20200127205139j:plain:w300

 

【キッシュ・ロレーヌ】 具材は、

  • 卵     3個
  • 生クリーム 200㎗
  • 刻みチーズ 100グラム
  • ベーコン  100グラム
  • 玉ねぎ   1個
  • パイシート 1枚

作り方は、 パイシートをタルト形に敷き詰め、パイシート以外の具材を全て混ぜます。

混ざったら、シートの中に流し込み、200度に温めておいたオーブンに入れ、約30分焼きます。

微妙に部屋の温度や、冬と夏では焼き時間が違います。オーブンの前で焼き時間を調節するのがいいです。

【キッシュ・ポワロー】
キッシュ・ポワローはキッシュ・ロレーヌほどデリカでも売られていません。

私的には、ネギは体に良いのでキッシュ・ロレーヌよりは好きです。 具材は、

キッシュ・オ・ポワローのレシピは、玉ネギの代わりに長ネギをいれます。

具材は、

  • 卵     3個
  • 生クリーム 200㎗
  • 刻みチーズ 100グラム
  • 長ネギ   200グラム 
  • ベーコン  100グラム
  • パイシート 1枚
f:id:meringuefine:20200127205153j:plain:w300

30分で出来上がりです。

お好みの大きさに切ってもりつけます。

f:id:meringuefine:20200127205157j:plain:w300

その他の具材でも試して、黒サクランボとイチジクでキッシュを作ってみました。

 

焼き上がりは、かなりワインカラーになります。

f:id:meringuefine:20200127205131j:plain:w300

果物をいれる場合は、果汁が少ないものがいいです。

メロンとかスイカはダメですね。。。

このイチジクとサクランボのキッシュには、砂糖をいれていません。

なので、「サレ」と言って、塩味でごはんとして食べられます。

デザートとして食べたい場合は、砂糖をいれて甘味の「スックレ(sucré)」となります。

お薦め強です(^^♪

番外編のサレ

キッシュはメイン調理で、サレで塩味です。

フランス料理でも、甘くおやつっぽく見えるけど、メイン料理として「サレ」になっているメイン料理には、

  • パン・ペルデゥ、
  • ガレット、

があります。

パティシエの、ピエルール・エルメのレストランで出しているサレのパンペルデゥ。  

f:id:meringuefine:20200127203611j:plain:w300
ピエルール・エルメのパン・ペルデゥ「サレ」

もう一つがガレットです。

ガレットも甘いおやつのデザートのイメージですが、サレとしてメインに食べます。

f:id:meringuefine:20200531054441j:plain:w300
卵、ハム入りのガレット「サレ」

  

まとめ

いかがでしょうか、キッシュ・ロレーヌの具材をご紹介しました。

キッシュ具材としては、

  • ベーコン
  • 刻みチーズ

などが入っていて、塩味です。 ですの、付け合せには、サラダが一般的です。

キッシュの中でもキッシュロレーヌが有名ですが、その他のキッシュは具材で、ネギのキッシュや、ほうれん草のキッシュなどと呼ばれています。

それと、黒サクランボとイチジクのキッシュをご紹介しました。デザートにように甘いものを食べなくない、しかし、果物のようなもので食事をしたいというときには、とても便利な食材です。

ぜひ楽しんで下さいね(^^♪

www.sakurakodesu.xyz

www.sakurakodesu.xyz