Sakurakoのグルメなダイエットブログ

ダイエット・フランス料理・アラフィフが美人になる

アンジェリーナのモンブランのトッピング!メレンゲとヴェルミセルはもうなくなる?

スポンサーリンク

モンブランといえば、アンジェリーナのモンブランです。

フレンチメレンゲとクリペーストのシンプルなケーキですが、やはり栗の質もよく、あの味は他のパティスリー店ではできない味といえます。

このアンジェリーナのモンブランは、クラシックバージョンで、栗ペーストを細長にしたヴェルミセル(Vermicelles)のタイプです。

ヴェルミセルは細長麺で、ラーメンを思い出しますよね。

しかし、最近はこのヴェルミセル以外のモンブランが出てきています。

新しい着想でモフ(MOF国家最優秀職人)が作っているモンブラン。

エレガントさからいえば、どっち?とも思いますね。 パティシエシェフの傑作をどうぞ。

モンブランのメレンゲとクリペーストのトッピング

老舗のモンブランといえば、やはりアンジェリーナのモンブランですね。

アンジェリーナのモンブラン

アンジェリーナのモンブランは色が黒めです。それは渋皮ごとペーストにしている為、濃い茶色い色をしています。

f:id:meringuefine:20220320043813j:plain
アンジェリーナのモンブラン

ヴェルミセルのマロンクリームでメレンゲを覆っています。 生クリームのみを使用したシンプルな味わいが魅力です。 メレンゲもフレンチメレンゲなので、さっくりとしています。 白ワインで食べてきました😊

f:id:meringuefine:20220320043850j:plain
アンジェリーナのモンブラン

ラーメン麺というと、アンジェリーナのモンブランのイメージを傷つけてしまうとも思いますが、フランス語ではヴェルミセル(Vermicelles)といいます。

プー(POU)のモンブラン

このヴェルミセルタイプのモンブランは、まだまた多く、老舗のトレッター、プー(POU)でもこのヴェルミセルタイプです。

フランス語でお惣菜屋さんをトレッターいいます。 パリ17区のトレッターの老舗プー(POU)のモンブランです。

f:id:meringuefine:20220320044409j:plain:w300
プー(POU)のモンブラン

プーのモンブランは、カップに入っていないので、下がタルトになっています。 甘みを抑えた、サクサク感がいいですね。

f:id:meringuefine:20220320044435j:plain:w300
プー(POU)のモンブラン

メゾン・ランドマン(Maison Landemaine)のモンブラン

メゾン・ランドマンは今、東京にも支店があるフランスでは既に20店舗と、急速に店舗数が増えています。

メゾン・ランドマンのモンブランは、細長のケーキをカットした、一見モンブランに見えない、ヴェルミセルのタイプです。

f:id:meringuefine:20220320044136j:plain:w300
メゾン・ランドマンのモンブラン

下にはタルトではなく、サブレを1枚入れて、更にクリペーストをしっかり層にしている、中々の力作です。 ここのモンブランは、ヴェルミセルと半々くらいの食感です。

ヤン・ブリス(Yann Brys)のモンブラン

これもモンブランで、ヴェルミセルのモンブランとはかけ離れた、エレガントな作品です。 パテシィエはヤン・ブリス(モフMOF=Meilleur Ouvrier de France)さん。 流石です💚💞💕

f:id:meringuefine:20220320044317j:plain
ヤン・ブリスのモンブラン

モフというのは、フランス語で国家最優秀職人のことを、Meilleur ouvrier de France、頭文字のMOFと書いて、「モフ」と言っています。

www.franceinfos.xyz

このタイトルは取ろうとおもっておいそれとは取れません。 ミシュラン3星をとるのと同じくらいか、別な意味でもっと難しいです。

それをとったパティシエさん、ヤン・ブリスのモンブランです。 ヴォージュ広場のパティスリー店で、エレガントです💕

このモンブランは、クリーム栗ペーストを、下から上へとポシャージュ・トゥルビオンでグルグル巻きで作る、技術的に難しいテクニックです。

ヤン・ブリスさんのお店の場所は、ヴォージュ広場の「マ・ブルゴーニュ」というカフェの隣です。

www.franceinfos.xyz

マドモアゼルアンジェリーナ

マドモアゼルアンジェリーナ(Chez Mademoiselle Angelina) は、リュクサンブール公園の中にあります。

f:id:meringuefine:20220320043746j:plain:w300
マドモアゼルアンジェリーナがあるリュクサンブール公園入口
f:id:meringuefine:20220320043926j:plain:w300
マドモアゼルアンジェリーナ入口
f:id:meringuefine:20220320044524j:plain:w300
マドモアゼルアンジェリーナのケーキのケース
f:id:meringuefine:20220320043906j:plain:w300
マドモアゼルアンジェリーナのモンブラン

こちらは、リュクサンブール公園内にあり、マドモアゼルアンジェリーナと言っています。モンブランはアンジェリーナが一括で作っていますので、本店で食べも同じです。 マドモアゼルの方が、空いているのと、リュクサンブール公園である美術展と合わせて見れるのもいいですね。

まとめ

モンブランをまとめましたが、最近は実際に、ヴェルミセルのモンブランが少なくなってきています。

アンジェリーナのように、これだけネームバリューがあれば別ですが、クリペーストよりも、ポシャージュ・トゥルビオン(グルグル巻き)は技術的に難しいです。

それと味は軽めになってきています。

www.sakurakodesu.xyz

www.sakurakodesu.xyz