Sakurakoのグルメなダイエットブログ

アラフィフが美人になるフランス料理グルメ

ベル・エレーヌとはどんなもの?クラシックなデザートの魅力

スポンサーリンク

ベル・エレーヌは、ナシを丸ごとシロップで煮込みその上に溶かしたチョコレートをかけたデザートです。

技術的にプレゼンが難しいデザートで、「ベル・エレーヌ風」といってレストランで出される例が多いです。

「エレーヌ」はフランス語読みで、英語なら「ヘレン」で、意味は、美人のヘレンです。

このデザートは、オーギュスト・エスコフィエの時代に良く作られていました。

ベル・エレーヌは丸ごとの果実のデザート

ベル・エレーヌの果実は丸ごとのナシのデザートです。

ベル・エレーヌ

梨🍐

『ポワール・ベル・エレーヌ』

ポール・ボキューズ(フレンチシェフの大御所)氏がレストランをオープンした頃のデザートの定番といえば、この〚ポワール・ベル・エレーヌ〛でした。

洋ナシのヘタをとらないで、鍋で砂糖のシロップでやわらくでなるまで煮、アイスクリームの上に倒れないように置いて、その上からチョコレートをかけたものです。

梨が倒れないように飾りつけるのが難しいのです(^^♪

ですので、梨を半分に切って↓この様にに生クリームを台にして飾りつけて、溶かしたチョコレートを添えるのは無難です。

 

f:id:meringuefine:20200210231839j:plain
ポワール・ベル・エレーヌ(poire belle-Hélène 洋梨のベルエレーヌ)

 

もしくは、このように横にして、チョコレートをたっぷりかけるというのもあります。

f:id:meringuefine:20200210231800j:plain
ポワール・ベル・エレーヌ(poire belle-Hélène 洋梨のベルエレーヌ)

プレゼンが違いますが、これら2つは、ベル・エレーヌではなく、〚ベルエレーヌ風〛となっています。

何故、ベル・エレーヌと言わないかは、アイスクリームの上にしっかりと立っていないからです。

アイスクリームは溶けるので、横に置いています。

ベルエレーヌは、案外レストランでも作られていません。

私が食べたのは、全て「ベルエレーヌ風」でした。

www.sakurakodesu.xyz

www.sakurakodesu.xyz