Sakurakoのグルメなダイエットブログ

アラフィフが美人になるフランス料理グルメ

フランス料理「バロティーヌ」とは?ミシュラン星のシェフのプレゼン

スポンサーリンク

f:id:meringuefine:20210212230217j:plain

フランス料理「バロティーヌ」は巻物の料理です。

フランス語「ballottine」からきています。

中にファルシーのように具材を入れる場合もありますが、何も入れずに、肉や魚のみを巻いて作ったりと色々です。

パリで5つ星ホテルのレストランのシェフと、ミシュランの2つ星のレストランのシェフのバロティーヌをご紹介します。

フランス料理「バロティーヌ」

定義は、骨を取った肉を巻いて、焼くか煮るというものです。 ファルシーのようにすることもありますが、具材をいれるかはマストではありません。

鳥肉の「バロティーヌ」

f:id:meringuefine:20210212230243j:plain
鳥のバロティーヌ

パリで5つ星ホテルのレストラン「ル・リュリ」のOrieuxシェフのバロティーヌです。

鳥肉を丸め煮たところで、スライスをして、ソースを別に添えています。

ニンジンのピュレも添えてあり、味にこくがあり食べやすい味付けです。

白身魚の「バロティーヌ」

f:id:meringuefine:20210212230100j:plain
白身魚のバロティーヌ

ミシュランの2つ星のレストラン「マルサン」のシェフのバロティーヌです。

白身魚を丸め煮たところで、カットせずにそのまま添えて、白ワインソースを添えています。

「マルサン」のシェフのは、エレーヌ・ダローズシェフで、女性シェフだけあり、このバロティーヌは繊細に仕上がっていました。

バロティーヌは、魚や肉を丸めて、サランラップで巻いて、茹で、そのままカットして盛り付けるか、色目をつけるのに、更にフライパンでソテーすることもできます。

フォアグラの「バロティーヌ」

f:id:meringuefine:20200903201223j:plain
フォアグラのバロティーヌ

バロティーヌというと、魚や肉のイメージが多いですが、フォアグラのバロティーヌもあります。

これは、ベルビルにあるレストラン「ル・エリソン」のバロティーヌです。

ガルニチュールには、リューバルブのシュテゥネイをアレンジしています。

綺麗ですね。

まとめ

フランス料理「バロティーヌ」をご紹介しました。

とても綺麗なアレンジにできる料理です。

魚や肉のみでなく、フォアグラもあります。

ただ、フォアグラの場合は、バロティーヌとはメニューにはなく、テリーヌとなっている場合が多いです。

どれも丸包みのアレンジで、綺麗です。

www.franceinfos.xyz

www.sakurakodesu.xyz