Sakurakoのグルメなダイエットブログ

ダイエット・フランス料理・アラフィフが美人になる

トリュフの値段は?パリのレストランで食べるとどのくらい?

スポンサーリンク

パリ旅行でトリュフが食べられレストランをご紹介します。

専門店もありますし、星つきレストランなら、冬場はだいたいパスタにトリュフつきでメニューにあります。

季節もので、やはり冬なら香りもいいです。しかしパリ旅行が夏なら、香りが落ちても美味しく食べられるレストランがあります。

値段も一緒にみてみましょう。

トリュフ料理の値段とパリのレストラン

トリュフはパリなら、色々なレストランで食べられます。専門店からご紹介します。

パリ4区アルティザン・ドゥ・ラ・トリュフ

パリ4区にあるトリュフ店で、アルティザン・ドゥ・ラ・トリュフです。 こちらは専門店で、冬トリュフだけでなく、通年でトリュフが食べられます。

マレ地区にあるBHVデパートからも近いところにあるレストランです。

ウフモレ、キノコのエスプーマ添えと、 カマンベールチーズのトリュフ添えです。

ウフモレ、キノコのエスプーマ添え
カマンベールチーズのトリュフ添え

一品で15ユーロくらいから20ユーロくらいで、かなり手頃価格です。

パリ4区アルティザン・ドゥ・ラ・トリュフ ●名前 : Artisan de la Truffe Marais 住所 : 19 r Rambuteau, 75004 Paris France 電話 : 09 74 19 76 09

パリ9区メゾン・ドゥ・ラ・トリュフ

ギャラリーラファイエットのグルメ館にある、グルメ館にあるトリュフ専門店です。

トリュフ専門店のレストランで、「メゾン・ドゥ・ラ・トリュフ」といい、カウンター席で食べられます。

そのぶんお気楽です。

ニョッキと、卵のブリュイエールです。

ニョッキ
ブリュイエール

こちらも一品で15ユーロくらいから20ユーロくらいで、かなり手頃価格です。

ギャラリーラファイエットのグルメ館には、このようなカウンター席がおおく、買い物をした後でも食べられます。

 

パリ9区メゾン・ドゥ・ラ・トリュフ●名前 : Maison de la truffe

Galerie Lafayette – Groumet 住所 35 boulevard Haussmann 75009 Paris

パリ1区イル・フィコ

オペラ座とルーヴル美術館から歩いて10分のところにある、イタリア料理のイル・フィコです。

シェフはイタリアン人シェフで、ニコル・ピズさんで、サルデーニャの料理をメインに出しています。

夏トリュフのパスタ

フォカッチャと、自家製パンです。

フォカッチャと、自家製パン

こちらは、メニューはなく、アラカルトのみのレストランです。 トリュフのパスタは、25ユーロくらいです。 ここのフォカッチャは自家製で、おいしいですし、なくなるとまた出してくれるのです。

1区イル・フィコ●名前 : Il Fico 住所 :31, rue Coquillere 75001 Paris France 電話 : 01 44 82 55 23

1区イル・フィコ

地下鉄最寄り駅 : Pyramides (14 番線)とPalais Royal-Musée du Louvre (1 番線)、

パリ9区オベール・マンマ

庶民的なイタリアンのレストランで、ここの看板料理が、トリュフ名物のマファルディンというパスタです。

マファルディンというパスタ

黒トリュフのソースにパスタと、黒トリュフがたっぷりと。

デザートは、ティラミスにしました。

9区オベール・マンマ●名前 : Ober Mamma 住所 : 107, Boulevard Richard Lenoir, 75011 Paris 電話 : 01 58 30 62 78

9区オベール・マンマ

地下鉄最寄り駅 : Oberkampf (5と9 番線)

パリ6区Yoshinori(モリエ・ヨシノリ)1つ星

星つきレストランなら、冬なら大体トリュフはだしています。

星つきレストランなら、トリュフがだいたいあります。 こちらYoshinoriさんとこでも、トリュフを出しています。

イベリコ豚の野菜添え、山椒風味ソースですが、上にトリュフをかけてもらいました。

イベリコ豚の野菜添え、山椒風味ソースそえ

こちらは、別料金でトリュフを料理に追加でき、テーブルにトリュフを持ってきてくれて、そこで振りかけてくれます。

一皿トリュフが添えで、40から50ユーロくらいです。

6区Yoshinori●名前 :Yoshinori 住所 : 18 Rue Grégoire de Tours 75006 Paris France 電話 : 09 84 19 76 05

Yoshinori(モリエ・ヨシノリ)

 


まとめ・パリのトリュフ料理の値段

専門店なら季節に関係なく、常時トリュフをおいてあり、値段も手ごろで、それにカウンターでも食べれるというのがいいです。

値段は一皿15ユーロくらいからであります。

私もトリュフはたまに買いますが、最近は、レストランで食べます。その方が割安なのです。

星つきレストランから、イタリアンシェフのレストランなら、だいたいおいています。

専門店でも安くて美味しいです。冬場はいいレストランなら、大体メニューに入れていますので、トリュフが別料金でないかと聞いてみると、結構ありますので、頼んでみるのもいいと思います。

www.sakurakodesu.xyz

www.sakurakodesu.xyz