モッツァレラチーズのおいしい食べ方!簡単にできる盛り付けが美味しい

スポンサーリンク

モッツァレラチーズ!今すごい人気です。

フランスでもイタリアンレストランの数が増えてきています。その中で一番出されるチーズは、モッツァレラチーズです。

何故今このくらいモッツァレラチーズが流行っているのかといえば、モッツアレラ・ディ・ブラファというチーズが人気の火付け役でしょうか。

このモッツアレラ・ディ・ブファラという種類は、牛乳でなない別の種類の牛でつくれていて、味が繊細なのです。牛乳で作られたモッツアレラチーズとは実際味が違います。

真ん丸のクリーミーなチーズをサラダに使うと、綺麗で盛り付けも綺麗で、もっと食べたくなってしまいます。

パリでも流行っている、モッツァレラチーズの美味しい食べ方ご紹介します(^^♪

 

モッツァレラチーズの美味しい食べ方

モッツァレラチーズの質が良いと、本当に美味しいです!

モッツァレラチーズには、牛乳とバッファロー乳の2種類があります。

形は四角でも丸もいろいろありますが、スライスしたモッツァレラチーズにトマトを合わせると美味しいですね(^^♪

イタリアではこれを「カプレーゼ」と言い、フランスでは同じものを「トマト・モッツァレラ」と言っています。

言い方は違いますが、どちらの言い方でも、美味しいです。

盛り付けとソースを見てみましょう。

ドレッシングはオリーブオイルとバジル

どちらも質の良いモッツアレラチーズなら、スライスして盛り付けるだけです。

モッツァレラチーズに、トマトやバジルとオリーブオイルが一番オススメと言え、イタリアンレストランでもこのアレンジが多いです。

フランスでは「トマト・モッツァレラ」の言い方が圧倒的に多いです。

f:id:meringuefine:20200211192119j:plain:w300

 

また、バッファロー乳で作ったモッツァレラチーズは、モッツアレラ・ディ・ブファラといいます。

f:id:meringuefine:20200211193359j:plain:w300

イタリア語で、ブファラ・カプレーゼと言います。ブファラの方が味が濃いと感じます。それに、トマトが熟しているとそれだけで本当に美味しいです。

レストランで、ブファラ・カプレーゼはメイン料理にもなるくらい、大きいです。200グラムもあり、その他にパルマの生ハムもついていますので、ボリュームがあります。

その他に、モッツァレラ・ディブファラには、小さいミニタイプがあります。

 

f:id:meringuefine:20200211193258j:plain:w300

 

このミニタイプは、盛り付けが簡単です(^^♪

では、バッファロー乳で作ったモッツアレラチーズを詳しく見てみましょう。

 

モッツァレラ・ブファラはバッファロー乳のチーズ

バッファロー乳で作ったチーズがあり、イタリア語で、モッツァレラ・ディ・ブファラといいます。

訳すとバッファローのモッツァレラです。

モッツァレラ・ディ・ブファラ(ナチュール)

 

モッツァレラ・ディ・ブファラ

f:id:meringuefine:20200211192016j:plain:w300

パッケージにこの牛の顔がついていたら、バッファローのモッツァレラチーズです(^^♪

バッファローのモッツァレラチーズは、AOPと言って、生産地限定のチーズです。イタリアに5産地のみ生産できる地域が指定されています。

カンパナという地域がそのAOPの指定地域で、そこで作られたチーズのパッケージにバッファローの顔、赤と金色の目印(画像の右下)があります。

このチーズには、バッファロー乳のみしか使えず、牛乳を混ぜることはできません。

  • Casente(カセンテ),
  • Salerne(サレルヌ),
  • Latium(ラティム),
  • Naples(ナポリ)
  • Foggia au nord des Pouilles(フォッジア・オノールデプイ)

これらがカンパナの5つの地域で、バッファロー乳は希少で、牛乳で作られいるモッツァレラチーズより値段が高くなっています。

収穫量が牛1頭で25リットルのところ、バッファロー乳は8リットルとなっています。

フランスではモノプリでもモッツァレラ・ディ・ブファラは販売しています。

f:id:meringuefine:20200211192009j:plain:w300

同じく、カンパナのAOCと書いてあり、赤と金のマークがあります。

モッツアレラ・ディ・ブファラは、牛乳のモッツァレラに比べて味が濃いです。

 

【楽天のおすすめのモッツァレラ・ディ・ブファラ】↓

 

 

モッツァレラ・ディ・ブファラ(フュメ)

その他にも、モッツァレラ・ディ・ブファラには、フュメと言って、燻製味のタイプがあります。

f:id:meringuefine:20200211192023j:plain:w300

 

この燻製モッツアレラチーズの味は、本当に燻製の味がし、中の食感はナチュールと一緒です。

食感はモッツアレラチーズのナチュールと変わりなく、味が燻製の分濃いめとうことで、付け合わせには、バジルやタイムをまぜるとすごく美味しいです。

f:id:meringuefine:20200211193303j:plain:w300

バジルはすりつぶしたソースもありますが、新鮮なバジルの葉、熟したトマト、オリーブオイル、コショウそれに、タイムを少し振りかけると最高です。いうことはありません。

この燻製タイムは、バッファローだけではなく、牛乳のモッツァレラチーズでも出ています。

 

【お薦めの燻製のモッツァレラチーズ】

こちらの燻製タイプは牛乳のモッツアレラです。

 

まとめ

 

いかがでしょうか。

モッツアレラチーズと、モッツアレラ・ディ・ブファラについてまとめました。

どちらもイタリアンの、いまホットな人気のチーズです。

売りがが毎年10%ずつ上がっているというニュースがありました。実際パリでもイタリアンのお惣菜店、レストランが増えています。

ですので、いつも新鮮なモッツアレラが食べるのは嬉しいです。

モッツアレラチーズの味は、スーパーで大量生産されたものと、農家の工場で作られてのとでは、やはり味が違います。

見分けが難しいですが、AOPなどの認定がついているのは、その点ある程度信用ができるとおもいます。

あとは、オリーブオイルも良いバージンオイルにすると、くらくらいするくらい美味しくなります。

www.sakurakodesu.xyz