ブラータチーズとモッツアレラチーズとの違い?どっちがクリーミー?

スポンサーリンク

イタリアンチーズといえばすぐ思い浮かぶのは、パルメザンチーズではないでしょうか。

がっしりとした固いチーズで、パスタに振りかけて食べるとすごく美味しいですね(^^♪

しかし、サラダにしたいなら、しかも夏のサラダならブラータチーズですね。

このブラータチーズは、形も真ん丸で、モッツアレラチーズに似ています。でも、違いはチーズを半分に切ると中からクリームがでてきます。

まろやかなこのブラータチーズ、とても食欲をそそります。

ところがこのブラータチーズの全部が、中身がとろりとしているわけでなないのです。

色々なブラータチーズがあります。モッツアレラチーズととの違いも含めどのようなものなのでしょうか?

 

ブラータチーズとはどんなチーズ?

 

ブラータチーズは中に生クリームが入っていて、上部を紐を〆て巾着状にしているチーズです。

f:id:meringuefine:20200211203945j:plain:w300

作って暫くすると、クリームが周りのチーズにはいり込んで、全体がクリーミーになり、中心部がずっと柔らかいです。

それでブラータチーズは、開くと中から生クリームが出てくるものばかりというイメージがありますが、全部がそうではありません。

それにたいして、モッツアレラチーは、中心部がクリーミーになってはいません。

チーズにはAOPという規格があり、作り方が規定されています。

モッツアレラチーズで、バッファロー乳で作られている、モッツアレ・ディ・ブファラには、AOPという規格があり、作り方が規定されています。

しかし、ブラータチーズにはAOPがなく、それぞれのメーカーにの作り方により、外見も中身も違っています。

それで、中がクリーミーなのもあるということなのです。

ブラータチーズの中のクリームは?

 

モッツアラチーズとブラータチーズの違いは、中に入っているクリームです。

ブラータチーズは、半分に切ると中から、とろっとしたクリームが中からでてきます。

このクリームのことを、イタリア語で、「Stracciatella ストラッチャテッラ」と言います。

クリームは何かというと、余ったモッツアレラチーズと生クリームを混ぜて作った、モッツアレクリームのことです。

モッツアレラチーズは、牛乳にカゼインという牛の胃液をいれて凝固させ、それからお湯の中に入れて混ぜることで、ビューっと伸びる糸状のチーズになります。

この糸状になった弾力のある状態のチーズを、ちぎって丸めて何十個、何千個と作っていきます。

全部は売れませんので、モッツァレラチーズが余ると、再利用という形で、生クリームを混ぜてモッツアレラクリームにして、ストラッチャテッラを作ります。

モッツアレラチーズの外側から、ストラチアテアを入れたものがブラータチーズです。

f:id:meringuefine:20200211193407j:plain:w300

中はこのくらいクリーミーなのもあります、しかしメーカーさんにより、これといった決まりははっきりとありません。

先ほどお伝えしたとおり、AOPという規格で作り方が決まっていないからです。

 

【ブラータチーズの種類と生産地帯】

 

また、このブラータチーズにも、牛乳で作ったものと、バッファロー乳で作ったものがあります。

バッファロー乳を使ったモッツアレ・ディ・ブファラは、イタリアでも南のナポリが有名です。ナポリはカンパニア州の州都で、このモッツアレ・ディ・ブファラはAOPという規格がついています。

また、ブラータチーズの方はさきほどおつたえしましたが、AOPの規格がまでできていませんので、生産メーカーによって作り方が違います。

その中で、プッリャ州(イタリア語:でPuglia)では伝統的な作り方をしているメーカーがまだ多いと言われています。

【楽天のブラータチーズ・ストラッチャテッラのクリーム入りタイプ】

チーズは受け取ったら直ぐ料理して食べた方が美味しいです。フレッシュチーズは鮮度が命です。

ブラータチーズの美味しい食べ方

 

AOPの規格がないことで、チーズの味もピンキリです。チーズに限ったことではありませんが。

美味しいのはやはり、美味しいですが、一番のお薦めは、良いオリーブオイルと、バジルと、コショウをかけて食べることです。

塩はすでに作る段階で入っていますので、入れなくても十分です(^^♪

オリーブオイル・バジルソース

さきほど、ブラータチーズは、メーカーによって作り方が違うといいましたが、これはフランスでMOFといって、職人専門職のチーズ部門で優勝した、ロラン・デゥボアさんのレストランのブラータチーズです。

f:id:meringuefine:20200211193353j:plain:w300

 

先ほどのと比較しても、チーズのかたさが違うのがわかります。

いままで食べたブラータチーズと固さが違うので、モッツアレラチーズではないのかと思ったくらいです。

あまりにも固さが違うので、ロラン・デゥボアさんのレストランで、「なぜクリーミーでないの?」ときいたら、クリーミーなのはもってのほか、みたいに言っていました。

そのくらい個性が違ってくるブラータチーズです。 その点、モッツァレラチーズは、中がクリーミーになっていることもありませんので、分かりやすいです(^^♪

まとめ

  いかがでしょうか。ブラータチーズとモッツァレラチーズの違いをまとめました。

中心部がクリーミーになっていたら、ブラタチーズで、均一ならブラータチーズか、モッツァレラチーズです。

また、ブラタチーズとモッツァレラチーズには、水牛乳で作られているのもあります。

どちらも、大体一つで100グラムくらいです。

一つを食べると大体ステーキを食べたくらいのカロリーになりますし、すごくお腹が一杯になります。

これで1日のエネルギーが補給できるくらいの栄養です。

食べ過ぎには気をつけましょう(^^♪

www.sakurakodesu.xyz