クミンの食べ方!チキンとの相性とチーズとの相性が思わず良い!

スポンサーリンク

ちょっと変わり種の料理で、「チキンとクミンのオリーブオイル煮込み」をご紹介します。

はやい、おいしい、経済的の3拍子の料理です。

クミンとトリ肉は相性が良いです。そしてニンジンとも合うのですね!

これは煮込み料理ですが、こげないように、晩御飯を食べながらちょっと席を立って、コンロで玉ねぎを弱火で炒めて、作れてしまいます。

それで、一晩寝かせて翌日には味がよくなってくれる一品です。

深底のフライパン鍋で作ると、そのまま冷蔵庫で一晩煮寝かせることができます。

柔らかくて、食べやすいのと、ナイフで切るときに〚ポロっと〛テーブルから落ちてということがないので、マナーでも安全料理です😊

チキンのエスニック風をご紹介します。

 

チキンのエスニック風のレシピ

まずは、レシピです。

  • 鶏肉、ももでも、手羽元でもOK(こだわりません)700グラム
  • 玉ねぎ、500グラム
  • サラダ油か、オリーブオイル少々
  • クミンパウダー 小さじ1/2
  • 乾燥タイム    2.3本
  • ニンジン5本、

クミンは↓


こんなホールタイプを使います。

チキンのエスニック風の作り方

①薄く切った玉ねぎ(5mm幅くらい)は弱火で、シナシナできつね色になるまで、大きめのフランパン鍋で炒めます。(約30分)

②玉ねぎを取り出し、フライパン鍋に鶏肉を入れて、きつね色になるまで炒めます。(弱火で蓋をして15位)

そして鶏肉に、軽く塩コショウを振りかけます。

f:id:meringuefine:20200422204952j:plain

③鶏肉が入っているフランパンにきつね色になった玉ねぎを戻し、薄切りにしたニンジンを入れます。

ニンジンの上に更にクミンをとタイムを振りかけて、水も何も入れなくても、玉ねぎと鶏肉から水分がでてきます。弱火で30分煮ます。

 

④フライパンから熱がとれたら、冷蔵庫に入れます。

⑤翌日になると、鶏肉にナイフで切らなくてもお箸でなんなく取れる位やわらかくなっています。

⑥飾り付けに、ニンジンを添えます。

f:id:meringuefine:20200422204947j:plain

まとめ

チキンのエスニック風をご紹介しました。

クミンと相性がよい、肉と野菜の煮込み料理です。

クミンには味に深みがありますので、ニンジンのように味に主張がある野菜と相性が良いのです。

その独特の香りで食欲をそそる一品です。

またクミンはビタミンやミネラルが豊富です。貧血の予防や改善、アンチエイジング、ダイエット効果、便秘改善効果も期待できます。

  色どりに、付け合わせの野菜はニンジンです。

なぜニンジン?と思いますが、ニンジンはオリーブオイルで焼き上げると甘味がでたところに、クミンとのバランスが良くなるのです。

強い香辛料で、両者対決といったところですね。

 

またクミンはマンスターチーズを食べる時に少し添えると、チーズの味を引き立ててくれる香辛料ですね。

f:id:meringuefine:20200303032521j:plain

マンスターチーズ(オレンジ色のウオッシュタイプです)とクミンの粒タイプは黄金の組み合わせです。

  年中大量に使う香辛料でもありませんので、買うのは少量で良いすね。   マンステ―ルのチーズは、ウオッシュタイプの臭いがきついチーズですが、味は濃くないのが特徴です。

クミンと一緒に食べるのは、マンステ―ルの独特の食感とクミンの爽やかがマッチするということです。

チーズの記事はこちら↓をどうぞ。

www.sakurakodesu.xyz