Sakurakoのグルメなダイエットブログ

アラフィフが美人になるフランス料理グルメ

ブーダンノワールのソーセージの食べ方!付け合わせは何がいいか?

スポンサーリンク

f:id:meringuefine:20210405032558j:plain

ブーダンノワールのソーセージと言えば、「ちょっと。。。」と腰をひいてしまうそうな料理ですが、食べると美味しいです。

このソーセージはちょっと特別で、色が黒いです。

フランス語で、ノワールが黒という意味ですので、黒ブーダンのソーセージという意味です。

豚さんの血でできていて、味も濃いので、好き嫌いがはっきりするとも言えます。

ソーセージには白いソーセージもあり、フランス料理では良く登場する食材です。

ではそんなブーダンノワールのアレンジの仕方と食べ方を早速見てみましょう(^^♪

 

ブーダンノワールのアレンジと食べ方

ブダンソーセージは、フランスではスーパーでこんなにパックになって売っています。

f:id:meringuefine:20200123165755j:plain:w300

 

色が濃いこともあり、ブーダンノワールのアレンジの付け合わせ(ガルニチュール)に一番使われるのは、やはりジャガイモのピューレです。

アレンジとしては、ソーセージが濃厚な味で、色が黒ですので、ジャガイモのクリーム色で明るくなるというのもあります。

 

ブーダンノワールのガルニチュール(付け合わせ)

f:id:meringuefine:20210405032648j:plain:w300

ソーセージをフライパンで、ソテーして、ソテーし終わったジャガイモと盛り付けます。

f:id:meringuefine:20200123165453j:plain:w300

ソテーして、丸型の枠に入れてフライパンでも上と下をソテーすると、こんな風にできます。 付け合わせには白ぽい色のジャガイモのピューレなどが合います。

ブダンソーセージは、血で量もそこそこで、これを食べる、「食べた」という気がします。

ジャガイモのピューレ自体もしっかりしていますが、もたれそうな気がしますが、そうでもなく、よくあいます。

 

また、こんなブーダンノワールもあります。

f:id:meringuefine:20200123170030j:plain:w300

付け合わせのジャガイモのピューレは、下に敷いてそ上にブダンノワールをのせ、リンゴのソテーを散りばめています。

リンゴを一緒に食べると、口に中がさっぱりします。 トマトなども一緒にかざると綺麗ですね(^^♪

ブダンノワールのレシピ

ブダンノワールのレシピは豚の血の他に、肉と玉ねぎがメインに入っています。

 

ブダンノワールのレシピ豚肉ミンチ 1キロ 玉ねぎ   1キロ 豚の血   1リットル 塩     30グラム コショウ  15グラム 唐辛子   少々
作り方は、豚肉のミンチと玉ねぎの細切れ(ハンバーグに入れるくらい)を20分くらいフライパンで炒め、火が通ったら、火からおろし、冷えたら血を入れて、味付けに塩コショウと、辛子をいれます。

香辛料には、Piment de Cayenneと言って、唐辛子があります。

f:id:meringuefine:20200118192753j:plain:w300

少しいれるだけで、味が引き立ちます。 混ぜて、豚の腸の袋に少しづつ入れ、腸の端をくくってできあがりです。

腸の袋の中にはいったブダンは、約80度のお湯で煮ると保存できるようになります。

このブダンノワールのソーセージはフランスではとてもポピュラーです。

フランスで各家庭でだれでも作っている人もいれば、お肉屋さんか、スーパーで購入する人もいます。

お肉さんであれば、焼いてある状態で売っているときもあります。

私はお肉屋さんで暢袋があるか聞きましたが、ないと言われました。

それで、スーパー買っています。

この楽天のブータンノワールは、1本が約120グラムです。

初めて食べる場合は、むっとするかもしれません。

和食とは随分と違いますし、最初はこの写真くらいに、少しの盛り付けの量からでもいいと思います。

見た感じで、受けつけたくないという方もいらっしゃると思いますが、慣れると習慣性がある味で、フォアグラやトリュフみたいな感じで、また食べたくなるものなのですね~(^^♪

それに、女性なら生理時で体内の血の量が減るときなど、お役立ちいっぱいのブータンノワールです。

オススメです。

www.sakurakodesu.xyz

www.sakurakodesu.xyz