Sakurakoのグルメなダイエットブログ

アラフィフが美人になるフランス料理グルメ

ブリオッシュとは何?あなたの好きな種類と食べ方はどれ?

スポンサーリンク

ブリオッシュには実際に沢山の種類があります。

改めて考えると、「ブリオッシュとは何?」とおもいます。

一見するとブリオッシュはパンにも見えますが、「これは何?」と思うほどにているのもあり、簡単な答えもないですよね。

それにブリオッシュはフランス各地で、それぞれのレシピがで作っているフランスの伝統菓子ですので、オリジナリティもいっぱいです。

細長の背が高い高さが20㎝以上もあるムスリンもそうですが、アルザス地方やピカルディ地方のブリオッシュもあります。

改めて、ブリオッシュとは何なのか、色々なタイプのブリオッシュと食べ方を見ていきましょう(^^♪

ブリオッシュとは何?

「ブリオッシュとは何?」というと、バターや砂糖が沢山入ったふっくらしたパンなのです。

ところがパンとは違います。

食パンとブリオッシュは違いますし、食パンとヴィエノワズリー(クロワッサンなど)も違います。

ブリオッシュとはどんなものなのでしょうか。

ブリオッシュの帽子の形

ブリオッシュと言えば、この「上に帽子が乗っている」、この形でお馴染みです。

f:id:meringuefine:20200204182126j:plain:w300

しかし、ブリオッシュには形も色々あります。

パンの違いははっきりしないものもあります。

ブリオッシュと他のパンとの違い

ブリオッシュを他のパンとでカテゴリー別にすると、

  • ブリオッシュ
  • 食パン
  • デニッシュ(ヴィエノワズリー)

があり、

食パンのパンドゥミとの違いはというと、

ブリオッシュと食パンの違い

フランスの食パン「パン・ドゥ・ミ」は、見た目がこんな感じです。

f:id:meringuefine:20200204182214j:plain:w300

中もパン・デゥ・ミは白いですが、

f:id:meringuefine:20200204182220j:plain:w300

ブリオッシュは黄色がかっています。

材料面ではどうなのでしょうか。

ブリオッシュとパンの材料の違い

ブリオッシュと食パンの材料はかなり違います。

食パンなら、強力粉と水とベーキングパウダーと塩だけなのに、一般的なブリオッシュの材料は

  • 小麦粉 300グラム
  • 卵   3個
  • 牛乳  30グラム
  • 砂糖  100グラム
  • バター 150グラム
  • パン屋さんの酵母 15グラム
  • 塩   5グラム

となっており、

卵、砂糖、バターが多いですね。

驚きなのは、そのバターのたっぷりな量です。

では、ブリオッシュに似ている他のパンには?

ブリオッシュとヴィエノワズリーとの違い

ブリオッシュとは別に「ヴィエノワズリー」があり、日本のデニッシュに似ているパンがあります。

f:id:meringuefine:20200204181737j:plain

このヴィエノワズリーのカテゴリーに「クロワッサン」も入ります。

ヴィエノワズリーをデニッシュといっているのは、英語読みです。

フランスでは何せ、ブリオッシュが各地にあり、種類がたくさんです。 各地のブリオッシュの違いを見てみましょう。

フランス各地方のブリオッシュの種類と名前

地方の名産で有名どころのブリオッシュです(^^♪

1.ノルマンディーのラ・ファリュ

ノルマンディーといえば、カマンベールチーズで有名な地域です。 バターの名産地帯ですので、やはりブリオッシュにも歴史があります。 形が変わっています。

発酵が終わってから、丸めた生地の周りにハサミでカットをして角をたてます。この角の数は、テーブルに座る人の数だけ作るのが基本です。

f:id:meringuefine:20200204182234j:plain:w300

あまり知られていないブリオッシュですが、つのがありますので、目立ちますね。

2.アルザスのクグロフ

アルザスはフランスでもドイツに近く、他の地方とは違うブリオッシュを作っています。珍しくブリオッシュの中に干しぶどうが入っていて、背が高く焼き上げて、粉砂糖を振っています。

f:id:meringuefine:20200204182225j:plain:w300

中には、ラム酒につけた干しぶどうが入っていて、香りがいいのと、ラム酒でしっとり感がでています(^^♪

f:id:meringuefine:20200204182229j:plain:w300

 

楽天で販売されているクグロフはこちらです↓


3.ブリオッシュ・ヴェンデエンヌ(ガシュ)

ヴォンデは、アルザスとは反対側のフランス西側、大西洋寄りの地域です。エシレバターのある生クリームやバターの名産地帯で、美味しいバターをふんだんに使ったブリオッシュが「ブリオッシュ・ヴォンデエンヌ」です。

珍しい作り方をしていて、三つ編みにした髪の毛をイメージさせるブリオッシュです。

f:id:meringuefine:20200204182040j:plain:w300

 

ブリオッシュといわないで「ガッシュ・ヴォンデエンヌ」と言っています。

このブリオッシュの特徴は、バターの量が少なく、生クリームを多めに入っているので、かなりしっとりめです。

4.ピカルディのガトー・バチュ

フランスの北部にピカルディーという地方があります。ピカルディーはフランスでもどちらかというと、観光名所としれは知られていない地域です。

ヴォンデのブリオッシュも珍しい作りかたですが、こちらのピカルディのブリオッシュも珍しい作り方をしています。「ガトー・バチュ」です。

f:id:meringuefine:20200205185457j:plain:w300

ガトー・バチュは、生地をく叩いて空気を入れて型に落として焼き上げます。

とてもふんわり感があり、ブリオッシュよりもっとスポンジケーキの食感です。

砂糖が入っていますが、甘すぎにません。1900年からあるピカルディの伝統菓子です。

f:id:meringuefine:20200204182208j:plain:w300

ピカルディには生バターで有名な、「オ・ボン・ブール」があります。

f:id:meringuefine:20200118173629j:plain:w300

5.ブリオッシュ・パリジエンヌ

ブリオッシュのといえば、パリのブリオッシュ「ブリオッシュ・パリジエンヌ」です。

上に乗っている帽子がマークですね(^^♪

f:id:meringuefine:20200204182126j:plain:w300

 

中身もしっとりとしています。

f:id:meringuefine:20200204182130j:plain:w300

6.ブルターニュのクイニーアマン

クイニーアマンがブリオッシュかというと、厳密には菓子パンになります。

ブリオッシュの表面は、卵の上塗りがないのが特徴です。

f:id:meringuefine:20200204181825j:plain:w300

ブルターニュも、ヴォンデ地方に負けず劣らずの、バターの名産地帯です。クイニーアマンにもバターがたっぷりです。

 

7.パネットーネ(イタリア)

フランスのブリオッシュではないですが、クグロフと同じく中に干し果物が入っているブリオッシュで、イタリアのパネットーネがあります。

f:id:meringuefine:20200205185352j:plain:w300

直径も20cmくらいあり、ドーンとしています。

それでいて、中には干しブドウなどが沢山入っていて、オレンジなどの色合いが綺麗です。

このパネットーネはイタリアではクリスマスに向けて作られるお菓子です。

 

形別のブリオッシュの種類

1.長方形ブリオッシュ

名前は単に、ブリオッシュで、特に○○ブリオッシュとしては出ていません。

f:id:meringuefine:20200204182139j:plain:w300

これもスタンドダードなブリオッシュです。

f:id:meringuefine:20200204182057j:plain:w300

 

2.丸形ブリオッシュ

そのほかに、そのままかじりつける丸形のブリオッシュがあります。

f:id:meringuefine:20200204182259j:plain:w300

ザラメのようなお砂糖やチョコレートがふってあるものもあります。

3.ブリオッシュ・ムスリン

丸いのとは対照的に、背が高いブリオッシュです。

f:id:meringuefine:20200204182018j:plain:w300

ムスリムというのは、沢山空気をいれて発酵させた生地を使って作ります。しっとり感というよりは、あっさり感が強いブリオッシュです。

4.ブリオッシュ・ファユテ

ファイユテは、葉っぱのようというみで、生地をのして、伸ばした生地を型にくるくる丸めて入れて焼き上げています。

f:id:meringuefine:20200204182243j:plain:w300

焼き上げる前に、卵をはけで塗ります。それでこのような光沢がでます。  

バターが濃厚で、やはり美味しいですね(^^♪

では、ブリオッシュの食べ方をご紹介します。

ブリオッシュの食べ方

ブリオッシュは朝に朝食として食べる、 午後にグテといって、ティータイムに食べる、その時にお茶とまたはシャンパンとともです。

【タルティーヌ】といって、更にバターがたっぷりなブリオッシュにバターとジャムを塗るのこともあります。

または、ブリオッシュはチーズとすごく上手く合います。

ヤギのチーズとなど、ふっくらとしたブリオッシュに、ふっくらとしたチーズと合わせて、上にもりつけると綺麗です。

ブリオッシュはやはりふっくら感がありますので、柔らかいチーズが合います。

ヤギのフレッシュタイプのチーズは柔らかく、とても合わせてやすいです。

f:id:meringuefine:20200205192408j:plain:w300

野菜の上にトマト、チーズ、その上にオリーブオイルをかけると、くらくらするくらい美味しいです。

f:id:meringuefine:20200205192402j:plain:w300

また、ガトー・バチュのような空気が入ったブリオッシュなら、シャンパンと合わせると美味しです。

「ロゼのシャンパン」で合わせてみました。

f:id:meringuefine:20200204182208j:plain:w300

クグロフは、アルザス地方のブリオッシュですので、シャンパン以外なら、アルプスの発泡酒とも合います。


最後にブリオッシュとカレムのことをお伝えします。

ブリオッシュと断食の関係

ブリオッシュは一般的に、日曜の朝食や、おやつとして食べますが、宗教的に「断食後に食べる」という習慣もあります。これはキリスト教の「カレム」という断食期間に関係するものです。

カレムの間は、全く食べないわけではなく、1日1食で、それも肉類は食べることができません。

フランスでは、謝肉祭の最終日の前日が『マルディグラ Mardi Gras』と呼ばれる日ですが、キリスト教徒は、まずこの日に「貯め食い」をします。

その翌日からが「カレム」の断食期間となり、これがイースター(復活祭)まで続きます。

イースターの日に断食期間が終了し、いよいよブリオッシュを食べるのです。この時は日本のお正月のようにご馳走をいただきます。

  断食をする信仰があるなしはべつにして、飢餓からフランス革命がおこりました。

フランス革命以前、王妃マリーアントワネットが住むベルサイユ宮殿に、「パンをよこせ」と怒り狂った民衆が押しかけたそうです。その時、王妃は「パンがなければ、ブリオッシュを食べればいいじゃない」と言ったのだとか。 パンが買えない人にブリオッシュはもっと買えません。そして、現在フランスは、フランス共和国となりました。

まとめ

ブリオッシュはバターの風味が魅力で、やはり食パンとは違いますね。

そのまま食べてもいいですが、少し食材を加えたり、また飲み物と一緒に食べるなど、食パンでは味わえないものがあります。

シャンパンと合わせたり、またチーズと合わせるのが美味しい食べ方だと思っています。

カロリーが高い食べ物ですが、チーズとブリオッシュに、そこにさらにオリーブオイルをかけて、サンドイッチのようにすると、また美味しいです。

www.sakurakodesu.xyz