スポンサーリンク

50代女性の初心者の筋トレの始め方!ジムと自宅で比較しました

スポンサーリンク

女性なら大体50代になってから急に中年太りをし始めて、もう筋トレを行うかどうかしないと、どんどん太っていくという不安は残念ならがらありますよね。

管理人もそんな一人で、ジムに行くのは初めてだったのですが、50歳手前でジム通いを始めました。

始めて、成果がすぐ出ないなどもあり、それで行くのを止めようかなどどと思った時期もあり、色々と経験しましたが、結局筋肉がつくまでには時間がかるのがわかったのは暫くしてからでした。

50代の女性がいざ筋トレを始めようと決断して、やっていくなか、中には投げ出してしまう人もいます。

そこでこの記事では、どのように筋トレをしていけばいいのか、どうしたら継続できるのか、管理人の経験をお話したいと思います。

上手く、筋トレのメニューこなしていけば、ちゃんと瘦せ、筋肉もついて、体型も変えられます。ご参考にできる部分もあるかと思います。

では早速みてみましょう(^^♪

 

50代女性初心者の筋トレの始め方

f:id:meringuefine:20200120002857j:plain

50代になってから初めて筋トレをするのは勇気がいると思います。

最初は腹部などは分厚い脂肪に埋もれていて、腹筋は見えません😢

私もそんな状態でした。

しかし、筋トレを続けていくことで、段々と筋肉はついて、脂肪もとれて体が締まってきます。

50代初心者の筋トレ

50代の筋トレは、徐々に始めていくのが良いです。

筋トレは有酸素運動と違って、全身運動というより、お腹とか、ヒップとか、背中の一部位を攻略していきます。

歩いて、または水泳をしてというものより、それなりに痛いと思うほど、絞り込んでいくと、効果がでてきます(^^♪

腹筋とか、スクワットとか、腰上げ運動とか、だいたい(個人差もあるでしょうが)週に2~3時間くらいを目安にする感じです。

ただ、50代の初心者なら、徐々に始めた方がいいです。

筋トレを行う際の注意点

50代で筋トレを行う場合、それまでのブランクがあると、いくつか注意点があるかと思います。

メンタルでハンディがあるというのか、思い立ったが吉日は良いのですが、体が自由に動かないとか、なにかかっこよくやりたいとか、自己意識が大きいのも一つあると思います。

若かりし頃には、なんでもなかったことが、「よっこいしょ」になっていることが多くないでしょうか?

このよっこいしょ、といっている間は、体が重いと感じいます。また肩や膝の関節に負荷をかけすぎて、痛めてしまう人がいます。

  • 重すぎるツールは扱わない
  • ウオーミングアップはしっかりする

などの点は気をつけて、始めるのが良いです。

筋トレを継続できる環境

それと、継続できる環境を作るのが大事です。なんども言ってしつこいですが、途中でやめる人が多いです。

週に3時間を目途にするには、「今日も筋トレを行いたい」と思える気持ちを持つことです。

継続できる環境作り

筋トレを挫折しないで継続できる環境ですが、自宅とジムとどっちで行うのが自分にあっているかは、ケースバイケースだと思います。

実際、ジムに行かないとやる気にならない方もいますし、通う時間がもったいなと思う人もいます。

それで、お気に入りの場所が、ジムか自宅のどっちかになります。

筋トレは、続けると、本当に筋肉はつきます。

筋トレを行う場所の選択

継続すると言っても、筋トレのメニューが地味で、床に寝そべり腹筋をするとか面倒です。

腕立てふせとか腰上げ、スクワット、などを続けるのって、意思も必要です。

そんな場合は、ジムに行くと励ましてくれるコーチとか仲間がいるので、継続しやすいんです。

自宅で継続できないと思えば、ジムが向いているのでしょう。

それに、ジムに行けばマシンがあります。

いろいろなマシンは、やる気にさせてくれる部分があります。

どこで行うのが良いかについて、

  • ジムに行って行う
  • 自宅で行う

これら2つ、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

【ジムのメリットとデメリット】

ジムに行けば、値段が高くても、トレーナーの方がいて、目標に向けて、食事や筋トレのメニューを作成してもらって、ジムで動作例を見せてくれたり、姿勢を直してくれたりします。

また、トレーニングマシーンがありますので、特定の部位の筋トレができるというのは、その最もな利点と思います。

筋トレを始めますといって、最初はどうしていいのかわからないというのもありますし、親切丁寧に教えてもらえば、通うのも楽しいはずです。

ただ、デメリットとしては、ジムによっては値段が高く、一月30万円にもなる場合があります。

またジムそれぞれの雰囲気があり、合わないところであれば、すぐ止めるとなれば、払ったお金が無駄になります。

 

【自宅のメリットとデメリット】

自宅で筋トレを始めるメリットはなんと言っても、空き時間でできることです。

筋トレにマシンが必要かといえば、「自重」と言って自分の体重を負荷にして行えます。腹筋やスクワットがいい例ですが、家でだけでもできます。

人それぞれ、空き時間が違います。ジムに行くにも、空き時間と合わなければ、またジムまで行く時間がかかり過ぎれば、行くだけで疲れてしまいます。

その点、自宅でなら畳1畳の広さがあれば、後はマット(厚さ2cmくらい)を買うだけです。

そして、値段がタダです。

ただ、デメリットは、自分一人で行うのは、強い意志が必要です。

だれも指導をしてくれないという、自分一人での戦いですので、「今日は止めておこう」となり一月、二月となると、またやるまでに、1年が経過したというのもあります。

では、管理人の筋トレの成果をお伝えします。

筋トレの成果~管理人

筋トレを50歳になってから行って成果がでるかですが、案外できるものだなと思いました。

腹部は板チョコにはなりませんでしが、やっているとヒップもできました。

f:id:meringuefine:20200120002920j:plain:w300

管理人は最初に1年半ジムに行き自宅でも筋トレを行いました。

近所にあるジムでした。

パリにあるジムで、行っている人はパリジェンヌでした。(当たり前ですね💦)

アジア人は私一人で、なんか恥ずかしかったのですが、月謝も安かったので、近所の方がいいと思ってそこで続けました。

そこで親切な先生に出会えて色々教えてもらえたのです(^^♪

それで、半年くらいしたら、体型が変わってきました。

ですので、50代の初心者でも筋トレをやっていけば結果はでてきます!

筋トレを始めようと思って、もしいままで行って、成果ができなかった経験があれば、自分の続けられなかった原因を考えてみればいいと思います。

  • 家にいると家族がうるさいとか、ひやかす
  • マットを敷くのが面倒
  • ジムに行っても雰囲気になじめない

原因はなにかしらあると思います。

家で筋トレをすると家族が言うのは、なんとなくありました。管理人もそれは経験したのですが、そおいうのを言う人は、やっていない人が多いので、気にしないのがいいです。

ジムに行くのはなんとなく抵抗があるという場合もあるかとおもいますが、そこは少しお高級なジムだと、マンツーマンで指導してもらえて、アドバイスをもらえて、グループの中で孤立するなどの心配はありません。

ジムにはマシンがありますし、トレーナーさんから適切なマシンを使ってできる筋トレは、そこはさすがメリットです。

自宅筋トレの場合で、家でマットを敷くのが面倒だとかあれば、オンラインのトレーナーさんにレッスンを受けると、また来週も頑張ろうと思います。

どれか自分がやる気になるのをみつけましょう。

あと、着たい洋服を部屋に掛けておくのもいいのではないでしょうか。

以下に2つのジムをご紹介します。 どちらも約月額10万円ほどで、マンツーマンです。

オススメのマンツーマンのジム

女性専用パーソナルトレーニングスタジオUNDEUX(アンドゥ)

パーソナルトレーナージム メガロスゼロプラス恵比寿 

 

それぞれです。

①【UNDEUX(アンドゥ)】

女性専用パーソナルトレーニングスタジオです。

プログラム内容は、2か月と3か月の集中コースがあり、パーソナルトレーニングがそれぞれ、16回と24回あります。 パーソナルトレーナーさんがついたボディーメーキングだけだではなく、管理栄養士もついて、2人3脚でやっていけます。 これだけやってもれえると、通常はボディーも変わります。 ところが、その後は自宅でやらなくなり、太る場合が多いので、集中コースを終えてから、メンテナンスコースも用意されています。

梅田スタジオ、心斎橋スタジオ、神戸三宮スタジオで「無料カウンセリング」の予約をネットから申し込みができます。↓

女性専用パーソナルトレーニングスタジオUNDEUX(アンドゥ)無料カウンセリング申し込み

②【メガロスゼロプラス恵比寿 】

メガロスゼロプラス恵比寿パーソナルトレーニングスタジオです。

恵比寿駅から徒歩3分の立地のジムで、野村不動産の経営です。

実力派の経験豊富なトレーナーさんがみてくれます。

本来あるべき自分の体にリセットできれば、体も疲れないし、自分にあったオリジナルトレーニングができるように指導してもらえます。

メガロスゼロプラス恵比寿 ウエッブ入会割引あり

両方とも2か月のプログラムがあり、その後のメンテナンスといって、急にやめないようにするプログラムがあります。

 

まとめ

50代の女性初心者の筋トレに始め方についてまとめました。

管理人も50代に入る前に、筋トレをスタートをしました。

最初は、よくわからないことが多かったのです。

筋トレのビデオを30本位買い、家でやっていて、なんかこれでいいのかという疑問ができたのです。

それで、ジムに行くことにしたのです。

私はパリ在住で、行った先のジムがフランス人ばかりで、最初は圧倒されました。

しかし、お金も払ったので、「続けないと」と思ったんです。

それに、パリに住んでいることもあり、アジア人でヒップはぺったんこでいやで、どうにかヒップには筋肉をつけたいと思ったのもありますね。

入会しても、色々迷うと思いますが、トレーナーさんに相談して、頑張って下さい。

50を済んでも、継続すれば、体も締まるし、ヒップもできます。ファイトです。

www.sakurakodesu.xyz