友達に避けられると感じたら?そのまま受け入れてみるのも良い

スポンサーリンク

友達に「避けられている」と感じるのは、誰でもあるのかなと最近思うようになりました。

誰でもというのは、なにか仲間はずれにされやすい存在の人だけがなるというのはなく、大体多くの人がという意味です。

自分もたまに誰にも会いたくないという気持ちはあります。

なので、避けたいとか、会いたくないと思ってしまうのは、誰でもあると思います。

誘われても会いたいと思わないので、「断る」とか「連絡をしてこない」とかの状況です。

ただ言えることは、避けている側は本当は会いたいのだけれど「何か会いたいくない理由で」避けてしまうというやつです。

そんな心理はやはり誰にでもあると管理人は思います。

 

友達から避けられると感じるのは勘違い?

f:id:meringuefine:20200119010121j:plain:w300  

なんとなく、最近避けられている?と感じる時があれば、それはそうなのかもしれませんが、でも本当は勘違いなのでは?と思ったり、勘違いだと思いたいと言う気持ちがあります。

その友達との歴史にもよりますし、急激に仲が良くなったりした場合だと、その共通の状況がなくなると、疎遠になったりします。

いままでクラスや、職場、習い事の場所が一緒だったので、一緒に過ごす時間が沢山あったのに、一緒に過ごす共通の場所がなくなると、会わなくなるのですね。

あえて会う時間を作ってまでして、会いたくはないという気持ちです。

しかし、これは避けているのではなく、1日24時間の中で、別に会う時間を作れないという、本当に多忙というのは現実にありますね。

 

避けられるるのではなく重要度が下がった場合

逆に、住んでいる場所も学校も職場などの共通の場所が変わっていなく、いつも会っているのに、友達が「恋をしている」という場合は会わなくなる時期がありますね。

そんなときは、友達との関係の中で、「私の重要度が下がっている?」という場合です。

管理人も旦那さんと会った時は、とても恋をしていて、いつも一緒にいたかったので、女友達には会う時間がありませんでした。

ですので、勘違いというよりも、友達から連絡がないし、誘っても気がない返事しかこなければ、彼や彼女ができたという可能性があります。

そんな時に、「え?そんな私たちの友情はどうなるのよ?」と思うより、気長に待ちましょう。1年位するとまた連絡がきます。

熱烈な恋愛も1年位で、下火になるのが殆どですので、そうなればまた以前のように一緒に友達と出かけられます。

恋は病ですので、理解をしてあげましょう(^^♪

やはり避けられていると感じると

共通の場所もずっと一緒で、恋もなにもない場合で、最近連絡をしても「いい答え」が返ってこないとか、それでなんとなく徐々に態度が変わったとかは、あり得ることかもしれません。

会いたくないのは、何か会いたくない事があるからです。

そんな会いたくない状況ってどんなことかというと、感性の違いかなって思います。

自分から友達になんとなく、遠回しに「こうしてもらえない?」とか言っても、理解してもらえない友達がいます。

はっきり言うと傷つけるので、遠回しにやんわりいうのですが、はきりいわないと理解してもらえないと、はっきりは言いにくい、ならいっそ会わない方が良いと思います。

会わない側はそれなりに気を使って、あえて言わないように、会わないようにしている場合です。

実は、管理人の仲の良かった友達から、全く連絡が来ない人がいます。

連絡をしても返事が来ないし、メールも電話を通じているのはわかっていますので、でも相手が返事をしたくないだけの、何かがあるとと思うと、それ以上詮索するのは止めました。

反応は十人十色で、同じことを言っても反応が違います。その友人にはその時の都合があり、会いたくなければそれで良いのです。

スポンサーリンク

強制しても長続きしませんし、何年かしてまた会う機会があれば、その時に一緒に時間を楽しめば良いのですから。

自分から避けたくなる時はどんな時?

もし、避けられている友人がいれば、その事実は、それはそれであるがままを受け止めることとします。

自分の方の生活環境も変わります。体調もいつもバッチリというわけにもおかなし、会社でもいろいろあると、いつも順調というわけにはいきません。

自分のほうも万全ではないなら、友達にだって都合だとか、考え方はあります。

相手をそのまま受け入れると、待つことができます。 「あの時はああだった」など言って、10年後でも会う機会があれば、「どうしていたの?元気だった?」と聞ける日がいつかはあるのでしょう。

10年はちょっと大げさです。

何か月かして、からなんとかく連絡をとってみるのもありですね。

それはそれとして、自分の方からなんとなく返事をできなくなる時もあって、相手の友達と、時間の都合が合わないので、今回は止めておくと答えたとします。

そうすると、すんごくキツイ返事で、「そうよ自由なのだから、来なくてもいいのよ」などと言われる時です。

そんなことをいう友達の心理って、傷ついた心の「カモフラージュ」なのかと思ってしまいます。

いつもお互いにとんとん拍子に、会えるわけではないですから、お互いとって良いタイミングをみつける努力をしないといけなくと、もう連絡をしない方がいいのかなと思うものです。

言葉にとげを感じると、会う気をなくさせてしまうので、 いつもニュートラルでいられれば良いと思います。

もし忙しいと言えば、単に忙しいと理解して、「忙しくないのに都合が悪いと言ってきている」と勘繰る癖がついている人は、勘繰ってしまいがちです。

ただ、自分の方からは、それは止めておきたいですね♪

まとめ

いかがでしたでしょうか。

だれでも、避けられることを経験しているのではないかと思うところを書きました。長い人生いろいろあります。

十人十色ですから、良かれと思い行ったことでも、相手に通じないこともありますし、もし誤解があれば、それをあえて説明しない性格の人もいますので、それを受け入れるのも一つですね。

避けられていると感じて、友達に「何かあったのか」と聞きにいくのも一つですが、納得できる回答がもらえるとは限りませんし、反応がないのなら、しばらくそっとしておくのも、一つの生活術だと思います(^^♪

www.sakurakodesu.xyz

www.sakurakodesu.xyz