Sakurakoのグルメなダイエットブログ

アラフィフが美人になるフランス料理グルメ

パリで人気のハンバーガーの特徴は?その味や食べ方の違いを探る

スポンサーリンク

ハンバーガーというと、マクドナルドがすぐ頭に浮かびますが、フランスではハンバーガーは、カフェでも定番メニューになっています。

もちろんフランスにもマクドナルドはありますが、カフェのハンバーガーは紙で包装されているのとは、ちょっと違います(^^♪

カフェで出されるハンバーガーが美味しいのは、ファーストフード店使っている材料とは随分違います。

肉や、パンの素材がいいですので、その分値段も高く、メインディッシュになりますので、鴨料理などと同じくらいです。

チーズもチェダーだけでなく、焼き加減も注文できます。

たかが、ハンバーガーですが、美味しいのを食べると病みつきになるくらいです。

パリのカフェで出ているハンバーガーをご紹介します。

 

パリのハンバーガー

 

パリのハンバーガーは部厚いというのが、とにかく背が高いです(^^♪

f:id:meringuefine:20200301011100j:plain

大体、高さが12~14cmくらいはあります。バンズパンのことをフランス語で、パン・ブリオッシェとも言い、付け合わせはフライドポテトが一般的です。

作りたてのハンバーガーはジューシーでとにかく美味しい(^^♪

 

レシピは、バンズパンが一般的ですが、パン・ドゥ・カンパーニュで出来たものもあります。

まずは、バンズパンから見ていきましょう。

バンズパンのハンバーガー

バンズパンには、上にごまがのっているのと、なしの2種類があり、なしのはツルツルしています。

f:id:meringuefine:20200301011105j:plain

レシピは、

  • バンズパン(ごまつき、ごまなし)
  • ケチャップ
  • マヨネーズ
  • チーズ(チェダーチーズやカンタルチーズ)
  • スライスした玉ネギ
  • スライスしたトマト
  • ミンチ肉(日本のハンバーグのように玉ねぎが入ってない)

 

フランスのハンバーガーの特徴は、中のハンバーグには玉ねぎのみじん切りなどの野菜は入ってなく、肉のミンチだけです。

ミンチ肉の焼き加減は、「レア」、「ミディアム」、「ウェルダン」が選べます。

レシピにもよりますが、上に目玉焼きがのっているのもあります。

目玉焼きがあるタイプは、切ったバンズパンを付けながら食べられて、クロックマダムようです。

f:id:meringuefine:20200301011055j:plain

クロックマダムと比べると、クロックマダムにはパンとチーズとハムのみですので、ハンバーガーにはミンチのジュージーさがあり、全体に柔らい食感になります。

www.sakurakodesu.xyz

 

その他に、固めのパン・ドゥ・カンパーニュのハンバーガーがあります。

パン・ドゥ・カンパーニュのハンバーガー

パン・ドゥ・カンパーニュのハンバーガーは、高さが10cm超えることはまずないです。

f:id:meringuefine:20200301011050j:plain

パン・ドゥ・カンパーニュの厚さが1㎝くらいですし、それにミンチ肉が3cmあったとしても、せいぜい5cmくらいです。

それに、パン・ドゥ・カンパーニュも1枚となっている場合が多いです。

そうでないと、ナイフで切る時に、崩れないようにカットするのは難しかしいです。

それでも、崩れないように、竹の串が刺さっています。

溶けたカンタルチーズが、とろっと垂れそうなくらいのハンバーガーは、本当に美味しいです(^^♪

 

ハンバーガーの呼び方

フランス語でハンバーガーを発音すると、アンバーガーになります。

最初の「h」を発音しません。

1つなら、「アン アンバーガー un humberger」で、

2つなら   「ドゥ ザンバーガー deux humbergers」です。

 

ミンチ肉の焼き加減の言い方は、

「レア seignant  セニャン」、

「ミディアム à point アポアン 」、

「ウェルダン bien cuit ビアン キュイ」

になります。

ハンバーガーの値段も、だいだい12ユーロから15ユーロはしますので、肉の焼き加減のリクエストは、遠慮しないで言っても大丈夫です。

 

 

まとめ

 

いかがでしょうか。

ハンバーガーをまとめました。

こうしてみると、ハンバーガーなんてと思っているますが、りっぱにメインディッシュだなと思いますね。

実際、肉やバンズパンが美味しいと、ふわふわとしていて、そこそこ噛み応えがあり、口のなかでとける感じがあります。

チーズもオレンジ色のチェダーチーズだけではなく、カンタルチーズもありますし、カフェによって工夫しています。

ハンバーガーはフランス人は好きですので、大体カフェでも置いてあるところが多いです。

フォークとナイフで食べるのはちょっと抵抗あるかもしれませんが、パンが柔らかいですので、切るもの簡単です(^^♪

次回カフェに行くときの参考になえば幸いです。

www.sakurakodesu.xyz

www.sakurakodesu.xyz