スポンサーリンク

ブリオッシュ・パン

ディプロマットプディングのレシピは?簡単に作れる材料があった!

ディプロマッというデザートを聞いたことはあるでしょうか。 フランス語でディプロマットの意味は、外交官です。しかし同じ単語でデザートもあります。 外交官という意味なら特権階級のお菓子なのかと思いますが、このデザートは至って庶民的なデザートです…

パリで人気のハンバーガーの特徴は?その味や食べ方の違いを探る

ハンバーガーというと、マクドナルドがすぐ頭に浮かびますが、フランスではハンバーガーは、カフェでも定番メニューになっています。 もちろんフランスにもマクドナルドはありますが、カフェのハンバーガーは紙で包装されているのとは、ちょっと違います(^^♪…

ブリオッシュナンテールの魅力を総ざらい!他のパンとの違いは?

ブリオッシュナンテールはサクッとちぎれるその形が独特なブリオッシュです。 このブリオッシュの形は、まるで流れ星というのか、なにか流星群をイメージすると思われるのではないでしょうか。 そのせいか、いつもパン屋さんでも良く作られている種類の一つ…

クロワッサンの食べ方をアレンジ!チーズで綺麗を演出して美味しい

クロワッサンのアレンジで、サンドイッチにしてもとても美味しいのです。 チーズと野菜を入れると色どりが綺麗です。 「モッツァレラチーズのクロワッサンサンド」や「ヤギのチーズのクロワッサンサンド」など、いかがですか? もともとクロワッサンはふっく…

ブリオッシュと食パンのカロリーを比べてみた!どのくらいまでなら食べてもいいのか

フランスでパン屋さんで売っている最も人気があるものと言えば、やはりブリオッシュです。 なにせテーブルに置いて出すと、5分でなくなってしまうほどです。 また一見するとブリオッシュは、食パンにも似ていますが、食パンよりずっとリッチです。 リッチな…

ブリオッシュの種類と名前!あなたのセンスに合うのはどれ?

ブリオッシュには実際に沢山の種類があります。 それもそのはず、各地で伝統的に作っているものがあるからです。 フランス各地でそれぞれ秘伝のレシピがで作っている伝統菓子ですので、オリジナリティもいっぱいです。 細長の背が高い高さが20㎝以上もあるム…

ヴィエノワの定義は?カロリーがこんなに違うならどれがいいのか

「ヴィエノ・パン」という細長のパンがありますが、ヴィエノワはオーストリアのウイーンに関係している名前です。 それがオーストリアからフランスにきて、フランス語では「ヴィエノワズリー」となり、フランスの朝食のメニューの一部になっています。 そし…

ブリオッシュの食べ方!シャンパンとそれともチーズとおしゃれに?

ブリオッシュ、美味しいですね。 適度に効いたバターと、柔らかさがたまらないです。 パンといっても、ふっくらしていますので、そのまま食べるものいいですが、付け合せでブリオッシュはいろいろと味も食感も違ってきます。 ブリオッシュはフランス各地の伝…

パンペルデュはフランス語?フランスパンでもブリオッシュでも美味?

パンペルデゥというデザートを聞いたことはあるでしょうか。 フランス語なのですが、こんな名前になっているのには曰くがあります。 和食でいうとおじやみたいな感じで、「デザートがおじや?」と思いますが、家庭では残るものがあどうしてもあります。 そん…

薄力粉と小麦粉の違いは?代用するならどう使うのがいいの?

小麦粉って何種類もあります。 スーパーに小麦粉を買いにいくとパッケージに、「薄力粉」とか「強力粉」と書いてあります。 レシピには小麦粉が○○グラムと書いてあります。う~ん、どれを買えばいいのと思います。 小麦粉はもちろん小麦の粉なのでしょうが、…

フランスパンの種類を徹底紹介!形の違いだけではわからない複雑さ

細長の外側が固いパンに、日本でお馴染みの「フランスパン」がありますが、フランスでは「バゲット」と言われています。 このバゲットはフランスでは日常食です。 バゲットの他にも、パンの種類がいろいろありますが、形で名前が違うと思いがちです。 しかし…