Sakurakoのグルメなダイエットブログ

ダイエット・フランス料理・アラフィフが美人になる

食前酒(アペリティフ)の種類とおつまみ!あなたが選びたいのは?

スポンサーリンク

アペリティフ(食前酒)は、「とりあえずビール」と注文するみたいな「とりあえずアペロ」です。

そんな食前酒にはどんなものがあるのか、家飲みにはどうするのがいいのでしょうか。 意味も一緒に見てみましょう(^^♪

 

アペリティフの種類

アペリティフはアペロと言っていますが、白ワインでも甘い白ワイン、それからシードルに色をつけて、それからシャンパンなどあります。

1.アペリティフ、シードル(綺麗系)

シードル(リンゴ酒)は、ブルターニュ地方のクレープを食べる時に、わき役で出てくる飲み物です。 普通ならクリーム色ですが、カシス液を入れて、シードル・ロワイヤルにすると綺麗になります。

普通は、このようなシードルを大きいグラスで飲みますが、グラス次第で綺麗になります。

こんな細長の感じのグラスで、カシス液を入れるとかなりおしゃれですね。

「シードル・ロワイヤル」の出来上がりです。

シャンパンにもカシス液を入れると、「キール・ロワイヤル」になり、同じ要領です。

【カシス液】


【シードル】


カシス液は、コーヒースプーン2杯くらいが目安です。

2.アペリティフのキールとキール・ロワイヤル

  ピンクにすると綺麗なので、白ワインにもカシス液を作るのですよね。

奥のピンクの飲み物は、キールで、手前がクレモンです。

「キール」は、正式にはブルゴーニュのアリゴテという白ワインにカシス液をいれたものです。

【アリゴテ】


それと、「キール・ロワイヤル」はシャンパンにカシス液を入れたものです。

シャンパンにするときは、気泡がでてもっと綺麗です。

3.アペリティフのクレモン

    クレモンは発泡酒の一種類です。

シャンパーニュ地方以外の地域で作ったものは、シャンパンと命名でき、それ以外は、発泡酒(ムスーといいます)です。

その中で、ロワール川のクレモンが一番有名ですが、アルザス地方でも作っています。

ロワール地方のクレモン
アルザス地方のクレモン

クレモンの値段は、高くなるとシャンパンと同じ位になりますが、普通は3分の1位です。このクレモンはロゼクレモンで、カシス液をいれたのではなく、作る段階でロゼにしてあります。

シャンパーニュ地方に、「ビスキュイ・ローズ」といって、ピンク色をしたサクサクとしたビスケットがあります。

パーティーとか、友達を呼んだときなど、「おっしゃれ~」な演出ができます。


本店

このビスキュイ・ローズ・ドゥ・ランスは(Biscuit rose de Reimsランスのローズ色のビスケットの意味)は、フランスのランス市にある歴史があるフォッシエで作っています。

4. アペリティフのシャンパンのロゼ

シャンパンはなんといっても、アペリティフには人気ナンバーワンの飲み物です。

値段が高いのは、泡が繊細でのど越しが良いのと、後に舌に苦みが残りません。

シャンパンは白というかクリーム色のブリュットもありますが、ロゼのピンク色もあります。 このロゼは、カシス液を後で入れているのではなく、作る段階からロゼ(ピンク色)です。

5. アペリティフのシャンパンのブリュット

色目がついていなくとも、それだけ美味しいのがシャンパンですね。

シャンパンがアペリティフで一番愛用されるのは、その安定した味です。飲みごしが良いです。

このクープ型(平べったい)ので飲むと、もっと美味しいです。

フランスでは、クープで出てくるのは稀です。こちらのフリュートに近い細長のグラスででてきます。

6. アペリティフのショーム

アペリティフは、キールやロゼを一番のむと思いますが、甘めワインもオススメです。 ショームは甘口のワインで、ロワール川の「コトー・デュ・レイヨン」という地域にあります。

ロワール川はボルドーにくらべて、日射量も少ないのと、日差しも強くないので、それ程甘くなりません。そこが上品です。

コトー・デュ・レイヨンで甘口のワインが出ていますが、ショームがそのなかでもバランスが取れていて上品は味で優勢です。

甘め控えめで、食前酒をという方にはピッタリです。ただ値段が高く、フランスでも一本

30ユーロはしてしまいます。 甘口 コトー・デュ・レイヨン ショーム

7. ワインの食前酒のブランケット・ドゥ・リムー

それと、発泡酒でブランケット・ドゥ・リムーというのがあります。 私結構このリムーが好きで、リムーまで行くとまとめ買いをしてきます。

シャンパンはどちらかというと辛口ですが、このブランケット・ドゥ・リムーは甘口になります。飲み口は、はちみつやリンゴの風味があります。

 

発泡酒で自然なリンゴの味覚を感じるのは、このリムーだけです。

一押しのおしゃれな発泡酒です。


ブランケット・ドゥ・リムーは、値段も本当に手ごろなのが良いですね。

 

アペリティフのおつまみ

 

フランス語で、「アペリティフ(apéritif)」は、食欲をそそるという意味ですが、アペリティフとは言わず、省略して「アペロ」と言っています。

テーブルに座って食事を始めるときに、「ボン・ナぺティ(bon appétit)」と言って、直訳すれば良い食欲ですが、まさに、食事を美味しくいただくために、飲み物でまずスタートです。

アペリティフを楽しむ習慣は、フランスは勿論ですが、ラテン系の国で定着しています。

アペロは、外で一杯飲んでから家で食事をするってのもありなんですよね。 今年、日本へ帰って、おかきを買ってきて、外のカフェでおかきとアペロをしていました。

夏は特に、白ワインやロゼで楽しめますし、テーブルに座って、一人でも、友達となんとかくおかきの袋を開けても楽しめますよね。

食パンにリエットやパテをのせて、アペリティフもいいですね。

www.sakurakodesu.xyz

www.sakurakodesu.xyz